ロボット刑事K/ジョーカー - それは骨肉の争いから始まった!

ロボット刑事K/ジョーカー - それは骨肉の争いから始まった!

刑事ものと特撮ヒーローものを合体させたユニークな作品『ロボット刑事』。主人公の名前は単に「K」なのですが、子供たちのあいだでは「ロボット刑事K」が通称になっていました。


それは骨肉の争いから始まった!

普段は黄色いハンチング帽に赤いブレザー、白いパンツといういで立ちでジェントルマンなKです。人間なみの感情を持っていて、目の色が変わるんです。普段は黄色、怒ると赤、そして悲しいときにはブルーに。
ひとたび犯罪に対する怒りでスイッチが入ると衣服を脱ぎ棄て、ゴッツイ戦闘ロボットと化します。

Kをつくったのは霧島サオリ博士という女性科学者。

実はKが生まれた背景には霧島家の骨肉の争いが背景にあったのです。
サオリ博士の父、霧島博士がある事件で殺害されたことから、サオリの弟・ジョーは人間を激しく憎悪するようになります。歪んだ憎悪はやがて人類への復讐へとエスカレート。とうとう世界征服することを妄想するようになってしまいました。

そんな壮大なプロジェクトを実現するには厖大な資金が必要です。そこでジョーが思いついたのが「犯罪に手を貸すロボットのレンタルビジネス」だったのです。それに気付いたサオリ博士が、弟の野望をくじくために開発したのがKというわけです。霧島姉弟の骨肉の争いが人間社会を巻き込んでしまったという構図です。

ジョーは犯罪組織バドーを設立、ロボットレンタルビジネスに乗り出します。犯罪の主役はあくまで人間。なので、Kは警察の一員となって人間の刑事とともに犯罪捜査に取り組むことになったのでした。Kはたたき上げのベテラン刑事に嫌われたり、熱血刑事に励まされたりしながら事件を解決してゆきます。刑事ものの要素がしっかり入っていますね。


ちなみに、ロボットのレンタル料は犯罪で得た利益の半分なんだそうです。世界征服のための資金がたまるまで、いったいどれぐらいの犯罪に手を貸す必要があったのか?犯罪ロボットの開発費はどうやって工面したのか?ジョーのビジネスプランが気になります。

Kの愛車、ジョーカーです。スポーツカーと救急車のあいの子のようなちょっと不思議な形をしていますね。最高時速500キロ、なんとジェット推進により空を飛ぶこともできるスーパー・パトカーです。
ちなみにベース車両はヨタハチことトヨタ・スポーツ800なのです。そう言われてもピンとこないほどにカスタマイズされていますね。

ドアはなんとガルウイング!
これなら大柄なKも乗り降りしやすかったでしょう。
しかしこのドライビングポジションは大丈夫?ほとんど寝ています。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

いつも「イィーッ」と大挙登場しては簡単に蹴散らされる運命のショッカー戦闘員。これはヒラ社員にあたる下級戦闘員「黒」です。おや、なにやらブツブツ言い始めましたよ・・?


除湿機(ハンディタイプ) | 昭和43年、初の家庭用と銘打って登場

除湿機(ハンディタイプ) | 昭和43年、初の家庭用と銘打って登場

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「除湿機」。ハンディといいつつ結構大きいようです。


ソニー  ヘッドフォン・ラインアップ カタログ

ソニー ヘッドフォン・ラインアップ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は、バブルがスタートした1985年のソニー・ヘッドフォンのカタログを取り上げます。


ウルトラの母 - 地球では緑のおばさんだったタロウの実母

ウルトラの母 - 地球では緑のおばさんだったタロウの実母

慈愛あふれるウルトラの母、マザー・オブ・ウルトラです。ウルトラ戦士を救護する「銀十字軍」に所属、隊長の任にあたります。放つ光線は破壊のためではなく、治癒や蘇生のため!


「ダブル アベック マホー瓶」…お茶とお酒が同時に

「ダブル アベック マホー瓶」…お茶とお酒が同時に

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「ダブル アベック マホー瓶」。なんともユニークな発想!


最新の投稿


ブロウ・モンキーズ/The Blow Monkeys - Digging Your Scene - 1986年

ブロウ・モンキーズ/The Blow Monkeys - Digging Your Scene - 1986年

ヴォーカルの伊達男ぶりでも人気だった実力派ソウル・バンドの代表作。 ブロウ・モンキーズはドクター・ロバート(Vo,G)を中心に、サックス、ベース、ドラムの4人で結成され、1981年にデビューしたイギリスのバンド。ソウルやR&Bなど幅広い要素を内包する音楽性から、同時代に活躍したスタイル・カウンシルとしばしば比較されましたが、ポール・ウェラーと曲を共作するなど密な関係でもありました。ロバートの華やかなルックスや歌唱力でも人気を集めました。


【クイズ・旧車千本ノック】202本目

【クイズ・旧車千本ノック】202本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

ショッカー戦闘員(黒) - ヒラ戦闘員とはオレのことさ~

いつも「イィーッ」と大挙登場しては簡単に蹴散らされる運命のショッカー戦闘員。これはヒラ社員にあたる下級戦闘員「黒」です。おや、なにやらブツブツ言い始めましたよ・・?


トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)の画像アーカイブ【旧車】

トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)の画像アーカイブ【旧車】

ゴールデン横丁スタッフが取材で集めた画像を車種別・世代別にまとめて公開します。このページは「トヨタ・セリカ(初代2・A20/30型)」の画像アーカーブです。新着画像は随時追加します。


ギャランGTO 1600MR | 三菱 - 後端がハネ上がった「ダックテール」がいい【旧車】

ギャランGTO 1600MR | 三菱 - 後端がハネ上がった「ダックテール」がいい【旧車】

三菱のスポーティークーペ、ギャランGTOです。ダックテールを取り入れたのは日本車として初めてです。のちにセリカなどフォロワーが出ました。MRはDOHCエンジンを搭載する最高グレードです。