ロボット刑事K/ジョーカー - それは骨肉の争いから始まった!

ロボット刑事K/ジョーカー - それは骨肉の争いから始まった!

刑事ものと特撮ヒーローものを合体させたユニークな作品『ロボット刑事』。主人公の名前は単に「K」なのですが、子供たちのあいだでは「ロボット刑事K」が通称になっていました。


それは骨肉の争いから始まった!

普段は黄色いハンチング帽に赤いブレザー、白いパンツといういで立ちでジェントルマンなKです。人間なみの感情を持っていて、目の色が変わるんです。普段は黄色、怒ると赤、そして悲しいときにはブルーに。
ひとたび犯罪に対する怒りでスイッチが入ると衣服を脱ぎ棄て、ゴッツイ戦闘ロボットと化します。

Kをつくったのは霧島サオリ博士という女性科学者。

実はKが生まれた背景には霧島家の骨肉の争いが背景にあったのです。
サオリ博士の父、霧島博士がある事件で殺害されたことから、サオリの弟・ジョーは人間を激しく憎悪するようになります。歪んだ憎悪はやがて人類への復讐へとエスカレート。とうとう世界征服することを妄想するようになってしまいました。

そんな壮大なプロジェクトを実現するには厖大な資金が必要です。そこでジョーが思いついたのが「犯罪に手を貸すロボットのレンタルビジネス」だったのです。それに気付いたサオリ博士が、弟の野望をくじくために開発したのがKというわけです。霧島姉弟の骨肉の争いが人間社会を巻き込んでしまったという構図です。

ジョーは犯罪組織バドーを設立、ロボットレンタルビジネスに乗り出します。犯罪の主役はあくまで人間。なので、Kは警察の一員となって人間の刑事とともに犯罪捜査に取り組むことになったのでした。Kはたたき上げのベテラン刑事に嫌われたり、熱血刑事に励まされたりしながら事件を解決してゆきます。刑事ものの要素がしっかり入っていますね。


ちなみに、ロボットのレンタル料は犯罪で得た利益の半分なんだそうです。世界征服のための資金がたまるまで、いったいどれぐらいの犯罪に手を貸す必要があったのか?犯罪ロボットの開発費はどうやって工面したのか?ジョーのビジネスプランが気になります。

Kの愛車、ジョーカーです。スポーツカーと救急車のあいの子のようなちょっと不思議な形をしていますね。最高時速500キロ、なんとジェット推進により空を飛ぶこともできるスーパー・パトカーです。
ちなみにベース車両はヨタハチことトヨタ・スポーツ800なのです。そう言われてもピンとこないほどにカスタマイズされていますね。

ドアはなんとガルウイング!
これなら大柄なKも乗り降りしやすかったでしょう。
しかしこのドライビングポジションは大丈夫?ほとんど寝ています。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


デュークバギー(グレンダイザー) - 三輪車って呼ばないでくれたまえ、バギーなのだから!

デュークバギー(グレンダイザー) - 三輪車って呼ばないでくれたまえ、バギーなのだから!

今回はヒーローの乗り物をとりあげます。『UFOロボ グレンダイザー』の主人公・デュークフリードの愛車、デュークバギーです。装備満載でなんだかワクワクするデザインですね!


ショッカー戦闘員(ベレー帽) - ベレー帽がイーッだろっ!

ショッカー戦闘員(ベレー帽) - ベレー帽がイーッだろっ!

仮面ライダーの戦闘員。ザコいものの代名詞的な存在感が悲しいですね。時代劇で正義の刃にバタバタと切り倒される悪代官側のサムライと同じで、殺陣には欠かせない役ではあります。戦闘員供養でもしてあげたいもの。


仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

80年代に登場した「仮面ライダースーパー1」です。贅沢にも2台のバイクを乗りわけるという。ライダーもちょっとリッチになって参りました。


UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


ゲッターポセイドン - 水中戦ならオレにまかせろ!

ゲッターポセイドン - 水中戦ならオレにまかせろ!

合体ロボットアニメの名作『ゲッターロボG』に登場しました。戦闘機・ゲットマシンのうちポセイドン号が頭部となって合体してできるのが『ゲッターポセイドン』です。操縦者は車 弁慶(くるま べんけい)!


最新の投稿


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


【クルマニアックイズ】105本目

【クルマニアックイズ】105本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


オーティス・レディング/Otis Redding - In Concert (Live)

オーティス・レディング/Otis Redding - In Concert (Live)

オーティス・レディングはアメリカのシンガー、ソングライター。1960年代初頭より音楽活動若さを始め、独特の歌唱法でソウル・ミュージックに多大な影響を与えました。同じスタックス・レコード所属でブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパー(g)との共同作業を通じて数多くのヒット曲を生み出しました。67年、自家用飛行機事故により急逝。まだ26歳でした。


シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

そんなホンダにおいて、なかでも「ホンダらしさ」がギュッとここに詰まっているといいたくなるのがこの初代シビックです。 多くのファンに支えられ、もっとも長く同じ名前で販売され続けている車種のうちのひとつです。


【クルマニアックイズ】104本目

【クルマニアックイズ】104本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽