仮面ライダーX/クルーザー - 仮面ライダーシリーズきってのメカニカルさ!

仮面ライダーX/クルーザー - 仮面ライダーシリーズきってのメカニカルさ!

仮面ライダーシリーズ、テレビ番組としては第三弾、ライダーとしては5人目にあたる仮面ライダーXとその愛車・クルーザーです。ライダーもメカニカルルックならバイクもメカ満載です。


仮面ライダーシリーズきってのメカニカルさ!

手持ちの武器をもった初めてのライダーとしても知られる仮面ライダーX。
変身の儀式もずいぶんと念の入ったものでした。が、あまりに手間のかかる手順だったため、シリーズの途中から簡素化されました(ストーリー的にはパワーアップ改造の結果)。悠長にしていたら敵にスキを与えてしまいますからね。
この辺は日本の製造業お得意なカイゼンにも通じます。時あたかもオイルショックの時代でしたし。

簡素化されたといっても、「セッタップ(set up)」のかけ声で始まり最後に「パーフェクター」と呼ばれるアイテムをアゴというか口に装着して完成するところは踏襲されました。

このメカメカしいバイクがまた良いのです。

深海開発用改造人間・カイゾーグ用に開発されたバイクですから、水中はもちろん得意。動力は1500万馬力を誇るターボプロップエンジンで、プロペラの推進力によって陸上では最高時速なんと700キロ。さらに空中を旋回して敵を翻弄したり、すさまじい旋風を起こして攻撃することもできました。
バイクというよりはハイテク装備の戦闘マシンですね。

写真がないのが残念ですが、作品の後半に登場する敵の大幹部がおもしろかったです。
その名は巨大ロボット「キングダーク」。何がおもしろいかって、いつもアジトの中でほおづえついて寝ころんだポーズなんです。そんなふざけた格好で部下に厳しい命令を下していたんですね。もしかしたらアジトが狭くて立ち上がれなかったのかもしれませんが。「ボス、決して起き上がらないでください!」とか言われていたりして。

最後は立ちあがって仮面ライダーと闘うのですが、体内に潜んでいた本当の支配者、呪博士がライダーによって倒されるとあえなく自爆という結末。圧倒的な存在感の割にはあっけない最期を迎えたのでした。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

昭和時代の仮面ライダー第一期の締めくくりとなった『仮面ライダーストロンガー』。その中に登場したシリーズ初の変身ヒロインがこの「電波人間タックル」です。愛車は「テントロー」。


ドワルスキー(タイムパトロール隊オタスケマン) - タイムボカンシリーズってどんなんだっけ?

ドワルスキー(タイムパトロール隊オタスケマン) - タイムボカンシリーズってどんなんだっけ?

タツノコプロの人気SFギャグアニメ『タイムボカンシリーズ』第4作目『タイムパトロール隊オタスケマン』に登場した怪力おまぬけキャラ。「ド悪が好き」だからこんな名前に。


ベビーポット | 調乳に適した50℃を保つ

ベビーポット | 調乳に適した50℃を保つ

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「ベビーポット」。イラストが可愛いですね~。


イビル(アクマイザー3) - 拙者、正義の貴公子でござる

イビル(アクマイザー3) - 拙者、正義の貴公子でござる

『アクマイザー3』に登場した正義のヒーローのひとり、イビルです。名前がちょっと性格悪そうですが、それは誤解。悪魔を意味する英語の「evil」から来ているのでしょう。


カゲローカー(ザ・カゲスター) - これは走る星条旗か?!

カゲローカー(ザ・カゲスター) - これは走る星条旗か?!

サイケな特撮ヒーロー番組『ザ・カゲスター』で主人公が乗っていたマシーン「カゲローカー」です。マシンも負けずに派手ですね~!


最新の投稿


メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

ハマるとクセになるキング・オブ・レイドバック・グルーヴの代表作。欧米ではビッグ・ネームなのに日本での知名度はそれほどでも・・・というミュージシャンがいますが(例:The Who、AC/DC、デペッシュ・モード)、Mazeもその文脈で語られがちなバンド。フランキー・ビヴァリー(vo)を中心に結成され1970年代にデビューし、マーヴィン・ゲイのプッシュもあってヒット作を量産しました。ソフトな歌声やミディアム・テンポなのにグルーヴ感あふれるバンド・サウンドで現在でも大御所ソウル/ファンク・バンドとして根強い人気を誇ります。


町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

今回は町田画伯が描く、在りし日の銭湯の絵をご紹介!町田画伯ならではの筆致で描かれる銭湯は、本物以上にレトロな趣があり、とてもイイ!また、こんなにさまざまな建築様式があるのかと、ハッとさせられるところもあるので、ぜひ楽しんでもらいたい。



スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

70年代ファンクのスーパースター。リーダーのスライ・ストーン(vo,key)が自らの弟妹やラリー・グラハム(b)ら、当時としては珍しい白人黒人男性女性混成メンバーと結成し、60年末~70年代前半にかけて大活躍したバンド。16ビートのリズムとロックを融合させ、ファンクの始祖のひとつに数えられます。


電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

昭和時代の仮面ライダー第一期の締めくくりとなった『仮面ライダーストロンガー』。その中に登場したシリーズ初の変身ヒロインがこの「電波人間タックル」です。愛車は「テントロー」。