仮面ライダーX/クルーザー - 仮面ライダーシリーズきってのメカニカルさ!

仮面ライダーX/クルーザー - 仮面ライダーシリーズきってのメカニカルさ!

仮面ライダーシリーズ、テレビ番組としては第三弾、ライダーとしては5人目にあたる仮面ライダーXとその愛車・クルーザーです。ライダーもメカニカルルックならバイクもメカ満載です。


仮面ライダーシリーズきってのメカニカルさ!

手持ちの武器をもった初めてのライダーとしても知られる仮面ライダーX。
変身の儀式もずいぶんと念の入ったものでした。が、あまりに手間のかかる手順だったため、シリーズの途中から簡素化されました(ストーリー的にはパワーアップ改造の結果)。悠長にしていたら敵にスキを与えてしまいますからね。
この辺は日本の製造業お得意なカイゼンにも通じます。時あたかもオイルショックの時代でしたし。

簡素化されたといっても、「セッタップ(set up)」のかけ声で始まり最後に「パーフェクター」と呼ばれるアイテムをアゴというか口に装着して完成するところは踏襲されました。

このメカメカしいバイクがまた良いのです。

深海開発用改造人間・カイゾーグ用に開発されたバイクですから、水中はもちろん得意。動力は1500万馬力を誇るターボプロップエンジンで、プロペラの推進力によって陸上では最高時速なんと700キロ。さらに空中を旋回して敵を翻弄したり、すさまじい旋風を起こして攻撃することもできました。
バイクというよりはハイテク装備の戦闘マシンですね。

写真がないのが残念ですが、作品の後半に登場する敵の大幹部がおもしろかったです。
その名は巨大ロボット「キングダーク」。何がおもしろいかって、いつもアジトの中でほおづえついて寝ころんだポーズなんです。そんなふざけた格好で部下に厳しい命令を下していたんですね。もしかしたらアジトが狭くて立ち上がれなかったのかもしれませんが。「ボス、決して起き上がらないでください!」とか言われていたりして。

最後は立ちあがって仮面ライダーと闘うのですが、体内に潜んでいた本当の支配者、呪博士がライダーによって倒されるとあえなく自爆という結末。圧倒的な存在感の割にはあっけない最期を迎えたのでした。

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)

https://goldenyokocho.jp/articles/673

現役バリバリの敏腕ドクター。複数の大手医療機関で診療に従事するかたわら、大手オンラインメディアに連載を寄稿したり講演依頼も多数と幅広く活躍。・・というのは表の顔で、実はヒーローものを中心としたキャラクターグッズやジャンルを問わないコミック誌が書斎を占拠しているというカルチャー大魔王である。

関連する投稿


デュークバギー(グレンダイザー) - 三輪車って呼ばないでくれたまえ、バギーなのだから!

デュークバギー(グレンダイザー) - 三輪車って呼ばないでくれたまえ、バギーなのだから!

今回はヒーローの乗り物をとりあげます。『UFOロボ グレンダイザー』の主人公・デュークフリードの愛車、デュークバギーです。装備満載でなんだかワクワクするデザインですね!


ショッカー戦闘員(ベレー帽) - ベレー帽がイーッだろっ!

ショッカー戦闘員(ベレー帽) - ベレー帽がイーッだろっ!

仮面ライダーの戦闘員。ザコいものの代名詞的な存在感が悲しいですね。時代劇で正義の刃にバタバタと切り倒される悪代官側のサムライと同じで、殺陣には欠かせない役ではあります。戦闘員供養でもしてあげたいもの。


仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

仮面ライダースーパー1 - 宇宙スケールになった80年代仮面ライダー!

80年代に登場した「仮面ライダースーパー1」です。贅沢にも2台のバイクを乗りわけるという。ライダーもちょっとリッチになって参りました。


UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


ゲッターポセイドン - 水中戦ならオレにまかせろ!

ゲッターポセイドン - 水中戦ならオレにまかせろ!

合体ロボットアニメの名作『ゲッターロボG』に登場しました。戦闘機・ゲットマシンのうちポセイドン号が頭部となって合体してできるのが『ゲッターポセイドン』です。操縦者は車 弁慶(くるま べんけい)!


最新の投稿


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


【クルマニアックイズ】105本目

【クルマニアックイズ】105本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


オーティス・レディング/Otis Redding - In Concert (Live)

オーティス・レディング/Otis Redding - In Concert (Live)

オーティス・レディングはアメリカのシンガー、ソングライター。1960年代初頭より音楽活動若さを始め、独特の歌唱法でソウル・ミュージックに多大な影響を与えました。同じスタックス・レコード所属でブッカー・T&ザ・MG'sのスティーヴ・クロッパー(g)との共同作業を通じて数多くのヒット曲を生み出しました。67年、自家用飛行機事故により急逝。まだ26歳でした。


シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

シビック | ホンダ - ホンダらしさがギュッとつまった初代【旧車】

そんなホンダにおいて、なかでも「ホンダらしさ」がギュッとここに詰まっているといいたくなるのがこの初代シビックです。 多くのファンに支えられ、もっとも長く同じ名前で販売され続けている車種のうちのひとつです。


【クルマニアックイズ】104本目

【クルマニアックイズ】104本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽