ポテトフライ | 東豊製菓 - これぞ駄菓子!高再現度で必食の味

ポテトフライ | 東豊製菓 - これぞ駄菓子!高再現度で必食の味

価値観は時代と共に移ろいゆく。美味しければ売れたお菓子界でも、糖質カット(ロカボ)やギルトフリー等、健康志向が目立ってきている。油や糖質はもう古いのか──否、変わらない良さも必ずある。ポテトフライに見る、男の世界。


今回の研究対象≪ポテトフライ≫

じゃがいもの粉末と小麦粉を混ぜ、天ぷらの衣のようにして揚げた駄菓子である(パッケージより)。天ぷらといっても卵は使わないタイプのようで、原材料には含まれていない。

説明文から感づいた方もいることだろう、鮭の皮・天かす・ほぼ衣だけのカリカリのフライドポテト等が好きなら、間違いなく気に入るジャンキーさ。健康志向になど見向きもしない、連綿と受け継がれる漢らしい駄菓子といえるだろう。

1980年に製造を開始した4枚(11g)入りの駄菓子。名称は【油菓子】、製造者は【東豊製菓株式会社】だ。

……お気付きだろうか。油菓子である。東豊製菓は愛知県にある会社だが、愛知の郷土菓子の『油菓子』とは恐らく無関係。製法は似ているものの、あちらはどちらかというと素朴なので、ジャンキーなポテトフライとは対極に位置している気がする。まあ名称はわりとメーカーの自由らしいので、ちょっとした郷土愛ということにしておこう。

売れ行きは好調らしく、公式サイトにも人気No.1の文字が。少子化や健康志向で駄菓子が売れないと叫ばれる中、2013年にポテトフライ用の新ラインが増設されているほど。やはり美味いは『油』と『糖質』であり、古い価値観などではなく、永久の正道なのである。

働くオトコ『ポッチくん』

キリリと引き締まった口元から男らしさを感じ取れる

パッケージの中性的な可愛らしさのキャラクターは【ポッチくん】という名前。

ポテトフライ チキン味の頭文字が由来で、2001年に消費者からの公募で決まった、愛されている少年だ。バックグラウンドは特にないとのことだが「おまちどう」「いらっしゃい」「できたてだよ」というパッケージの台詞から察するに、この年から家業を手伝っているのだろう。

実はこれはデフォルメされた大人の姿で、伝統の味(と姿)を守る職人という可能性も捨てきれない。どちらにしろポッチくんは「油分カット」「からだに優しい」など言いそうにない、謎の包容力が感じられる。まさに働くオトコ。男の中の男といえるだろう。

小さくてかわいいVer.                                

ちなみに名前が決まっていなかった時の名残か、公式サイトの右上のポッチくんのaltタグには【こんがりくん】と書かれている。正式名称ではないので間違わないようにしたい。

なおポッチくんはフライドチキン味のキャラクターなのでポテトフライ『カルビ焼』『じゃが塩バター』には描かれていない。

ポテフの変

ノスタルジックな背景も魅力の漫画

非常に珍しい事例ではあるが、近年ポテトフライは【ポテフ】と略されるようになった。これは2014年から週刊少年サンデーで連載されていた(2018年完結)『だがしかし』のヒロイン『枝垂ほたる』さんの影響で、それ以前は呼ばれていなかった。

『4枚一気食い』なども彼女が発祥で「好みの男性はポッチくん」と明かしたりと、なかなかポテトフライと縁深い。興味がある方は一度読んでみるといいだろう。お話を伺った東豊製菓の方も印象が濃いようで、かなりこの点に触れていた。

ポテトフライの神髄に触れる、ガーリック&ジンジャー

ポテトチップス2,3枚分ぐらいの厚みがある

一見すると色の薄い煎餅──しかし食べてみると違いは明白。まず、味が濃い!デフォルトで粉が偏ってかかったポテトチップスのように濃い。

酒のつまみでもさすがにここまでハッキリとした味のものは、近年少ない気がする。もちろんレモンハイやビールとの相性は抜群だ。できたての竜田揚げを思わせるカリっとした食感も嬉しい。

油を含めて風味はフライドチキン感が強く【味覚タイプ】での実力はピカイチ。ファーストキッチンのフレーバーポテトを凌駕しているかもしれない。

開発当初、味はケンタッキーのフライドチキンを想定して作られたとのことだが、十二分に彼の味を想い起こさせる再現度だ。揚げ物の衣やサラダに混ぜても美味しいかもしれない。

安心の3本線。ポッチくんの言う通り、こんがり!

表面の三本のリブは、割れにくくするために入っているんだとか。味はもちろんのこと、サクッとした食感もポテトフライの魅力の一つ──割れやすさというデメリットを消す、重要なポイントというわけだ。

研究対象≪資料一覧≫

この原材料の多さが駄菓子っぽくて良い

商品名 :ポテトフライ フライドチキン味
名称  :油菓子
メーカー:東豊製菓株式会社
原材料名:小麦粉、パーム油、馬鈴薯(遺伝子組み換えでない)、コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)、食塩、粉末醤油、蛋白加水分解物、香辛料、酵母エキスパウダー、調味油/調味料(アミノ酸等)、膨張剤、炭酸カルシウム、香料、香辛料抽出物、甘味料(甘草、ステビア)、カラメル色素、酸味料(一部に小麦・大豆・鶏肉を含む)
栄養成分表示(11gあたり):エネルギー62kcal、たんぱく質0.7g、脂質4.1g、炭水化物5.5g、食塩相当量0.28g
内容量 :11g

情報・一部画像提供:東豊製菓株式会社
http://www.toho-seika.co.jp/index.php

関連する投稿


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!






最新の投稿


TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー  - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

TAE-5450 コントロールアンプ | ソニー - ユニークなデザインの多機能コントロールアンプ

フロントパネルの一部をラインで囲むデザインは1970年代中ごろのソニーのアンプに共通するデザインです。上級機のTAE-8450の流れをくむ多機能なコントロールアンプです。


町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

町田忍と万年筆│モンブランにペリカン…大人な筆記具の魅力

今回ご紹介するコレクションは大人な筆記用具・万年筆。メモするときにさりげなくチラつかせる高級感。大人だけに許されたアイテムのようで憧れた元少年も多いのでは?もちろん、そのコレクションも半端じゃないので、お楽しみに!



アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

アレサ・フランクリン/Aretha Franklin - Freeway Of Love - 1985年

1942年生まれの「クイーン・オブ・ソウル」。60年代から活躍、リリースしたアルバムは通算60枚以上にのぼります。


ガブラ(アクマイザー3) - 地底の世界にも関西があった!?

ガブラ(アクマイザー3) - 地底の世界にも関西があった!?

頭部の形がアレっぽいですね。アレって?そう、ソフトクリームに決まってるじゃないですか!