『思い出カセット』TDK AD

『思い出カセット』TDK AD

みなさん、カセットテープってどこで買ってましたか? 私はレンタルレコード屋の近くのカメラ屋さんで買ってました。その時の気分と財布の中身と相談して選んでましたが、特に好きでもないのに不思議と使ってしまうカセットってありませんでしたか? それが私の場合TDK ADでした。


そこそこの性能がそこそこの値段で手に入る安心感

自宅のある埼玉県川口市から千葉県市川市にある高校に通っていた私。長い通学時間のお供は文庫本とウォークマン。学校帰りは本屋かレンタルレコード屋に寄るというのがお決まりのコースでした。もちろんレコードを借りたら、それを録音するカセットも必要です。とはいえバイトもしていない高校生、乏しい小遣いのやりくりで、自然と買えるカセットも限られてきて、HFやDSしか買えない、なんてこともありました。
そんななかで次善の選択として選ばれがちだったのがTDK ADでした。
安い割りに貧相ではなく、性能もとくに文句なく、曲のジャンルを選ばず使える……。使いやすいカセットだったんですよね。
さて初代ADが登場したのは私が小学生だった1977年。その前身は世界初の音楽用カセットとして1968年に誕生したSuper Dynamic『SD』です。もともとは磁性体の開発サンプルに付けられていた『SD(Single Domain)』を、先にあったD(Dynamic)にこじつけてSuper Dynamicと読み替えたものだそうです。ともあれこのSDが大ヒット。その後を受けてのAD、ということです。

1977 初代AD

1977 初代AD

1979 2代目AD

1979 2代目AD

カセットデッキの普及とともに成長していったAD。個人的に馴染みがあるのはこの3代目あたりからでしょうか。

1981 3代目AD

1981 3代目AD

やがて「黎紅堂」とか「友&愛(You & I)」とかレンタルレコードが増えて、「レコードをレンタルしてカセットに落としてウォークマンで聴く」というスキームが若者の間に定着。カセットの需要を押し上げたことは間違いないでしょう。
そんな時代のADがこの4代目。

1984 4代目AD

1984 4代目AD

いや、使ったなあ。すでにCDというものは誕生していたものの、まだ「夢の」という形容詞がぴったりな憧れの存在でした。そんなCDが我が家にやってきたのが1986年のこと。ADは5代目に進化していました。

1986 5代目AD

1986 5代目AD

原由子の産休でサザンを休止していた桑田佳祐がCMに出てましたね。曲はKUWATA BANDがカバーしたディープパープルでしたっけ?
このADも使ったなあ。じつは当時、このデザインが嫌いだったのですが、今となってはカッコいい!
時代はそろそろカセット文化の頂点、最盛期を迎えます。1987~89年は毎年ものすごい数のカセットテープが登場。ザッツやアクシアといった新ブランドも軌道に乗り、まさに百花繚乱といった様相です。
また技術革新がすすみ低価格テープでも良い音で録れたり、ハイポジ、メタルといった高級テープの低価格化が進んだ時代でもありました。
ADの存在感が薄れたのもこの頃でした。

1988 6代目AD

1988 6代目AD

カセットテープ全体の生産数は1989~90年頃にピークに達しますが、時代はバブル。私も大学生になり、バイトの時給も高く、バイト代が月に10万円なんてことも珍しくない時代でした。好きなCDはレンタルではなく気軽に買える時代になっていました。クルマにもCDプレーヤーが入りディスクマンも普及すると、徐々にカセットの出番は減ってきました。
ADは定番カセットとして使われていましたが、高性能カセットというよりは手軽なカセットとして認識されるようになっていたと思います。

1989 7代目AD

1989 7代目AD

1990 8代目AD

1990 8代目AD

関連する投稿


RC-G5 | ビクター - 一目でそれとわかるユニークなデザイン

RC-G5 | ビクター - 一目でそれとわかるユニークなデザイン

デザインに凝った楕円形のスピーカーグリルが特徴的なビクターのモノラルラジカセです。


LX38 プリメインアンプ | ラックスマン - 名機サンパチの熟成モデル

LX38 プリメインアンプ | ラックスマン - 名機サンパチの熟成モデル

ラックスマンの真空管式プリメインアンプ「サンパチ」です。出力管に50CA10を採用したモデルとしては第四世代にあたります。


SP-10 ターンテーブル | テクニクス - 世界に先駆けたダイレクトドライブの原器

SP-10 ターンテーブル | テクニクス - 世界に先駆けたダイレクトドライブの原器

テクニクスが世界に先駆けて開発・商品化した、ダイレクトドライブ(直接駆動)方式のターンテーブル。


RK-888 | パイオニア - オーディオメーカーらしさのあふれるラジカセ

RK-888 | パイオニア - オーディオメーカーらしさのあふれるラジカセ

オーディオ専業メーカーのパイオニアもラジカセブームに参入。パイオニアらしさの溢れるラジカセです。


TU-500 FMチューナー | デンオン

TU-500 FMチューナー | デンオン

5連バリコン、MOS FETをフロントエンド部に採用したFMステレオチューナー。本格的なJIS級VUメータを採用しています。


最新の投稿



蚤の市・レトロイベント情報

蚤の市・レトロイベント情報

昭和レトロなアイテムに出会える蚤の市や、各種展示会などのイベント情報をお届けします。 イベントによっては入場料が必要です。日程や場所が変更になる場合もあります。各リンク先より事前にお確かめのうえお出かけください。


【旧車】ベレット1600GT | いすゞ - 日本で初めて「GT」を名乗ったモデル

【旧車】ベレット1600GT | いすゞ - 日本で初めて「GT」を名乗ったモデル

今はもう乗用車は製造していない、いすゞの名車「ベレット」。エンジンを強化してクーペボディにしたのが「ベレG」だ。


全国カーイベント情報

全国カーイベント情報

全国各地で開催される旧車イベントやクラシックカーフェスティバルなど、クルマ関連の各種イベントをご紹介します。


トッド・ラングレン/Todd Rundgren - I Saw The Light - 1972年

トッド・ラングレン/Todd Rundgren - I Saw The Light - 1972年

「I Saw The Light」は美しくも郷愁を誘うメロディと歌声、モータウンを意識した端正な演奏が魅力的な、トッドの代表作のひとつ。