【旧車】マーチ(2代目)│日産 - 日本車として初の欧州カーオブザイヤーも受賞

【旧車】マーチ(2代目)│日産 - 日本車として初の欧州カーオブザイヤーも受賞


■日本車として初の欧州カーオブザイヤーも受賞した2代目マーチ
・モデル名 :マーチ
・世代/形式:2代目/K11型系
・メーカー名:ニッサン
・販売時期 :1992年~2002年
・第13回COTY(1992-1993)受賞車

第13回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した2代目マーチ(K11型系)

今回の車は、第13回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した2代目マーチです。
欧州カー・オブ・ザ・イヤーにおいても、日本車で初の受賞も果たすなど、世界的にもシェアを誇ったコンパクトカーでした。
さらにRJCカー・オブ・ザ・イヤーも受賞するなど、3賞を同時に受賞したのは日本車では1999年に登場したヴィッツ(欧州名:ヤリス)まで現れないほどの快挙だったのです。
ちなみにイギリスの工場で生産されるマーチは、マイクラという車名で欧州市場でも販売されています。

2代目マーチは1992年から2002年まで生産され、とてもモデルサイクルが長いクルマでした。
これは初代も同じで、それだけメカニズムや曲面を多用したデザインが先進的だということを証明しています。
ボディのサイズに対して、高めの全高や、ホイールベースを延長させたことにより、優れたパッケージングを実現。日本のコンパクトカーのレベルを大きく超え、世界でも通じる本格的Aセグメントカーへと進化を遂げたのです。

エンジンは直列4気筒DOHCで 1000 ccと1300ccを用意。ミッションは5速MT、トルクコンバーター式4速ATが選べました。
1000ccのハイグレードと1300ccには、当時の富士重工業から供給されていた、N-CVTが初搭載されました。
このN-CVTは変則ショックがなく、また燃費が良いということも当時トピックになりました。

ボディは先代同様に3ドアと5ドアハッチバックが用意され、後期型ではワゴンの「マーチBOX」や、オープンモデルである「マーチ カブリオレ」なども生産されました。
初代マーチには「Be-1」「フィガロ」「パオ」といったパイクカーが用意されたのと同じように、2代目マーチにも、かつて存在した自動車メーカーであるバンデン・プラをモチーフにした「コペル・ボニート」や、レトロなフロントマスクが独特な光岡「ビュート」、さらにトミーカイラが手がけた「トミーカイラm13」、無印良品を展開する良品計画が企画し、マーチの内外装を簡素化した「MujiCar1000(ムジカー・セン)」などの派生車が存在していたのです。

クイズ☆エンスーとらのあな

2代目マーチはホントによく街中で見かけていたけど、こんなに派生車がいろいろあったとは知らずとてもビックリしたIT(実はもっとあるよね)。
おやじ達にアテられてすっかり旧車に興味深々になってきたITといっしょに、マニアックなクイズに挑戦しましょう!

【問題】

さまざまな派生車や特装車が作られた、2代目マーチ。
日産車のチューニングや特装車で知られるオーテックが手掛けた、下の写真の車種、

いったいなんという名前でしょうか?下から選んでください。

・マーチ・サンバ
・マーチ・タンゴ
・マーチ・ルンバ
 回答は「倶楽部ミーティング」の下にありますよ♪

倶楽部ミーティング

ミノ:マッチのマーチか!

ポン:それって初代マーチじゃないですか?

ミノ:Σ(゚Д゚)ギクッ
ついついそのイメージが払拭できなくてね…

ポン:2代目マーチは、シリーズで一番売れたんですよね?

ミノ:時代が違うから単純に数字だけで比較はできないけれど、初代が165万台ほどで、2代目が254万台ほどで、3代目が163万台って考えると、2代目はダントツだ!

ポン:マーチは海外ではマイクラという名前で販売してたんでしょ?

ミノ:そうだね。海外で車名を変えるのは、商標登録上の問題や、国によっては違う意味に取られてしまうという理由があるんだよね。

ポン:マーチは英語で「3月」「行進曲」なんて意味があるから、たしかに海外で使うのにちょっとアレレな感がありますね。
でも、マイクラって言われると、ゲームのマインクラフトなの? って勘違いする人がいるかも(;´∀`)

ミノ:おいおい、時系列としては、クルマのマイクラのほうがかなり前じゃんwww

ポン:……モゴモゴ

【回答】

・マーチ・タンゴ

1996年にオーテックから発売されたマーチ・タンゴ。「街がもっと楽しくなる。懐かしさが薫るマーチ」というキャッチコピーで売り出され、人気を博しました。
翌97年には、同じくマーチベースで「マーチ・ボレロ」が発売。こちらは「レトロなテイストにつつまれて・・・」と謳われ、これまた人気車に。
さらに98年には「マーチ・ルンバ」、2000年には「マーチ・ポルカ」を発売。オーテックは2代目マーチのレトロ化がお好きだったようです。それだけ人気があったのでしょうね。
写真は、上から順にボレロ・ルンバ・ポルカです。

関連する投稿



【クイズ・旧車千本ノック】272本目

【クイズ・旧車千本ノック】272本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


プレジデント ソブリンVIP | ニッサン - 長くニッサンの最高峰であり続けた、ニッポンのリムジン【旧車】

プレジデント ソブリンVIP | ニッサン - 長くニッサンの最高峰であり続けた、ニッポンのリムジン【旧車】

法人需要や官公庁、いわゆるショーファードリブンカーとして長らくトップに君臨してきたニッサンのプレジデントです。


ハコスカケンメリも…GT-Rはやっぱり男の夢!旧車が集まる東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち(2)

ハコスカケンメリも…GT-Rはやっぱり男の夢!旧車が集まる東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち(2)

スーパーカーブーム真っ只中を生きた昭和のオヤジ世代が大好きなクルマの祭典「東京オートサロン2020」に行ってみた!東京オートサロンの会場で見つけた伝説級の旧車・名車をご紹介!やっぱりハコスカケンメリは外せないよね!


【クイズ・旧車千本ノック】271本目

【クイズ・旧車千本ノック】271本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


最新の投稿


メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

メイズ・フィーチャリング・フランキー・ビヴァリー - Back In Stride Again - 1985年

ハマるとクセになるキング・オブ・レイドバック・グルーヴの代表作。欧米ではビッグ・ネームなのに日本での知名度はそれほどでも・・・というミュージシャンがいますが(例:The Who、AC/DC、デペッシュ・モード)、Mazeもその文脈で語られがちなバンド。フランキー・ビヴァリー(vo)を中心に結成され1970年代にデビューし、マーヴィン・ゲイのプッシュもあってヒット作を量産しました。ソフトな歌声やミディアム・テンポなのにグルーヴ感あふれるバンド・サウンドで現在でも大御所ソウル/ファンク・バンドとして根強い人気を誇ります。


町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

今回は町田画伯が描く、在りし日の銭湯の絵をご紹介!町田画伯ならではの筆致で描かれる銭湯は、本物以上にレトロな趣があり、とてもイイ!また、こんなにさまざまな建築様式があるのかと、ハッとさせられるところもあるので、ぜひ楽しんでもらいたい。



スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

スライ&ザ・ファミリー・ストーン - I Want to Take You Higher - 1969年

70年代ファンクのスーパースター。リーダーのスライ・ストーン(vo,key)が自らの弟妹やラリー・グラハム(b)ら、当時としては珍しい白人黒人男性女性混成メンバーと結成し、60年末~70年代前半にかけて大活躍したバンド。16ビートのリズムとロックを融合させ、ファンクの始祖のひとつに数えられます。


電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

電波人間タックル(仮面ライダーストロンガー) - 涙を誘ったヒロインの最期

昭和時代の仮面ライダー第一期の締めくくりとなった『仮面ライダーストロンガー』。その中に登場したシリーズ初の変身ヒロインがこの「電波人間タックル」です。愛車は「テントロー」。