【旧車】マーチ(2代目)│日産 - 日本車として初の欧州カーオブザイヤーも受賞

【旧車】マーチ(2代目)│日産 - 日本車として初の欧州カーオブザイヤーも受賞


■日本車として初の欧州カーオブザイヤーも受賞した2代目マーチ
・モデル名 :マーチ
・世代/形式:2代目/K11型系
・メーカー名:ニッサン
・販売時期 :1992年~2002年
・第13回COTY(1992-1993)受賞車

第13回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した2代目マーチ(K11型系)

今回の車は、第13回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞した2代目マーチです。
欧州カー・オブ・ザ・イヤーにおいても、日本車で初の受賞も果たすなど、世界的にもシェアを誇ったコンパクトカーでした。
さらにRJCカー・オブ・ザ・イヤーも受賞するなど、3賞を同時に受賞したのは日本車では1999年に登場したヴィッツ(欧州名:ヤリス)まで現れないほどの快挙だったのです。
ちなみにイギリスの工場で生産されるマーチは、マイクラという車名で欧州市場でも販売されています。

2代目マーチは1992年から2002年まで生産され、とてもモデルサイクルが長いクルマでした。
これは初代も同じで、それだけメカニズムや曲面を多用したデザインが先進的だということを証明しています。
ボディのサイズに対して、高めの全高や、ホイールベースを延長させたことにより、優れたパッケージングを実現。日本のコンパクトカーのレベルを大きく超え、世界でも通じる本格的Aセグメントカーへと進化を遂げたのです。

エンジンは直列4気筒DOHCで 1000 ccと1300ccを用意。ミッションは5速MT、トルクコンバーター式4速ATが選べました。
1000ccのハイグレードと1300ccには、当時の富士重工業から供給されていた、N-CVTが初搭載されました。
このN-CVTは変則ショックがなく、また燃費が良いということも当時トピックになりました。

ボディは先代同様に3ドアと5ドアハッチバックが用意され、後期型ではワゴンの「マーチBOX」や、オープンモデルである「マーチ カブリオレ」なども生産されました。
初代マーチには「Be-1」「フィガロ」「パオ」といったパイクカーが用意されたのと同じように、2代目マーチにも、かつて存在した自動車メーカーであるバンデン・プラをモチーフにした「コペル・ボニート」や、レトロなフロントマスクが独特な光岡「ビュート」、さらにトミーカイラが手がけた「トミーカイラm13」、無印良品を展開する良品計画が企画し、マーチの内外装を簡素化した「MujiCar1000(ムジカー・セン)」などの派生車が存在していたのです。

クイズ☆エンスーとらのあな

2代目マーチはホントによく街中で見かけていたけど、こんなに派生車がいろいろあったとは知らずとてもビックリしたIT(実はもっとあるよね)。
おやじ達にアテられてすっかり旧車に興味深々になってきたITといっしょに、マニアックなクイズに挑戦しましょう!

【問題】

さまざまな派生車や特装車が作られた、2代目マーチ。
日産車のチューニングや特装車で知られるオーテックが手掛けた、下の写真の車種、

いったいなんという名前でしょうか?下から選んでください。

・マーチ・サンバ
・マーチ・タンゴ
・マーチ・ルンバ
 回答は「倶楽部ミーティング」の下にありますよ♪

倶楽部ミーティング

ミノ:マッチのマーチか!

ポン:それって初代マーチじゃないですか?

ミノ:Σ(゚Д゚)ギクッ
ついついそのイメージが払拭できなくてね…

ポン:2代目マーチは、シリーズで一番売れたんですよね?

ミノ:時代が違うから単純に数字だけで比較はできないけれど、初代が165万台ほどで、2代目が254万台ほどで、3代目が163万台って考えると、2代目はダントツだ!

ポン:マーチは海外ではマイクラという名前で販売してたんでしょ?

ミノ:そうだね。海外で車名を変えるのは、商標登録上の問題や、国によっては違う意味に取られてしまうという理由があるんだよね。

ポン:マーチは英語で「3月」「行進曲」なんて意味があるから、たしかに海外で使うのにちょっとアレレな感がありますね。
でも、マイクラって言われると、ゲームのマインクラフトなの? って勘違いする人がいるかも(;´∀`)

ミノ:おいおい、時系列としては、クルマのマイクラのほうがかなり前じゃんwww

ポン:……モゴモゴ

【回答】

・マーチ・タンゴ

1996年にオーテックから発売されたマーチ・タンゴ。「街がもっと楽しくなる。懐かしさが薫るマーチ」というキャッチコピーで売り出され、人気を博しました。
翌97年には、同じくマーチベースで「マーチ・ボレロ」が発売。こちらは「レトロなテイストにつつまれて・・・」と謳われ、これまた人気車に。
さらに98年には「マーチ・ルンバ」、2000年には「マーチ・ポルカ」を発売。オーテックは2代目マーチのレトロ化がお好きだったようです。それだけ人気があったのでしょうね。
写真は、上から順にボレロ・ルンバ・ポルカです。

関連する投稿


フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

それまでの軽自動車の概念をくつがえすような、「コークボトルライン」と呼ばれた斬新なデザインとよく回りキビキビ走るエンジン性能で人気車種となったLC10型フロンテ360です。


ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ボンネットトラック型の軽自動車、マツダ・ポーターから派生する形でデビューしたポーターキャブ。 スタイルはキャブオーバー型の軽トラそのものなんだけど、いちど見たら忘れられない顔をしているのが特徴です。


ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

くりっと丸い2灯ヘッドライトにナンバーやウインカーの位置がまるでドラえもんの鼻とヒゲ!? 「ドラえもんハイゼット」と呼ばれることもある、4代目前期型・S38V型のハイゼットです。


【クルマニアックイズ】108本目

【クルマニアックイズ】108本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


LN360 | ホンダ - 遊びから仕事まで大活躍!しっかり載せてよく走る【旧車】

LN360 | ホンダ - 遊びから仕事まで大活躍!しっかり載せてよく走る【旧車】

スバル360が切り拓いた360cc軽自動車市場。ほぼスバルの一人勝ちといってもいい状態で、果敢に挑むライバル各社たちも圧倒的なスバルに追いつけない状態でした。そんな中、1967年に発売されたホンダのN360はスバルと異なり4ストエンジンを採用してデビューしました。


最新の投稿


カンサス/Kansas - Dust in the Wind - 1977年

カンサス/Kansas - Dust in the Wind - 1977年

カンサスは1973年にスティーヴ・ウォルシュ (Vo/Key)、ケリー・リヴグレン (G/Key)を中心に結成されたアメリカのプログレッシヴ・ロック・バンド。ツイン・ヴォーカル、ツイン・ギター、ツイン・キーボードという重厚な楽器の編成と、フォークやカントリー、ブルースなどアメリカ由来の音楽の要素を取り込んだシンフォニックな楽曲で人気を集めました。


フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

フロンテ360DX(LC10型) | スズキ - 新時代のデザインで話題になった【旧車】

それまでの軽自動車の概念をくつがえすような、「コークボトルライン」と呼ばれた斬新なデザインとよく回りキビキビ走るエンジン性能で人気車種となったLC10型フロンテ360です。


ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ポータキャブ | マツダ - ガチャピン顔の働き者【旧車】

ボンネットトラック型の軽自動車、マツダ・ポーターから派生する形でデビューしたポーターキャブ。 スタイルはキャブオーバー型の軽トラそのものなんだけど、いちど見たら忘れられない顔をしているのが特徴です。


アバ/Abba - Knowing Me, Knowing You - 1976年

アバ/Abba - Knowing Me, Knowing You - 1976年

アバは男女二人づつの4人からなる、スウェーデン出身のポップ/ディスコ・グループ。親しみやすいメロディで、1974年から82年にかけて世界中のチャートを席巻しました。


ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングルで育った戦士、仮面ライダーアマゾンの愛車「ジャングラー」です。仮面ライダーのよきサポート役である、バイクレーサーの立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)の手になるマシンです。


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽