【旧車】ディアマンテ/シグマ│三菱 - 4WDも採用した珍しいアッパーミドル・サルーン

【旧車】ディアマンテ/シグマ│三菱 - 4WDも採用した珍しいアッパーミドル・サルーン


■アッパーミドルクラスで、FF、4WDを採用した珍しい4ドアサルーン
・モデル名 :ディアマンテ/シグマ
・世代/形式:初代
・メーカー名:三菱自動車工業
・販売時期 :1990年~1997年(シグマは~1996)
・第11回COTY(1990-1991)受賞車

第11回日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞したディアマンテ/シグマ

1990年に発売されたディアマンテが好評だったこともあり、同じプラットフォームを使用したシグマが半年後に登場しました。

ディアマンテの4ドアハードトップ、5ドアステーションワゴンに対して、シグマは4枚のドアにしっかりとサッシュが付いた4ドアセダン。両車は全長・全幅は変わらないものの、シグマのほうが全高が若干プラスされ室内高を確保していました。
大型の4ドアサルーンには珍しく、駆動方式はFFとフルタイム4WDが用意され、エンジンはすべて電子制御可変吸気システム付のV型6気筒エンジンを横置きに搭載。
排気量は2000cc、2500cc、3000ccの3タイプがあり、ミッションは4速ATのみでした。

シートやステアリングなどを、ドライバーにあったポジションに自動調整してくれる、世界初の「三菱インテリジェントコクピットシステム(MICS)」や、ACTIVE FOUR(フルタイム4WD、4WS、4ABS、4IS=4輪独立懸架)、さらに2WDにはTCL(トラクションコントロールシステム)や、アクティブECSなどの先進技術も投入されました。

しかしシグマはディアマンテの人気の影に隠れた存在となり、あまり流通せず、パトカーで見るほうが多かったくらいでした。4ドアハードトップが輸出できない国に対してシグマが輸出されるくらいで、海外でもいまひとつ。ディアマンテは2代まで続いたものの、あわれシグマは初代で終了したのでした。

クイズ☆エンスーとらのあな

最近、TVで昭和レトロネタの番組をやっていると、ついついクルマばっかり見ちゃうIT。
おやじ達にアテられてすっかり旧車に興味深々になってきたITといっしょに、マニアックなクイズに挑戦しましょう!

【問題】

三菱のマーク、スリーダイヤモンドに由来する車名が多い三菱車。
ディアマンテもそれに該当しますが・・・果たして「ダイヤモンド」を意味する、何語でしょうか?

・イタリア語
・スペイン語
・ポルトガル語

倶楽部ミーティング

会長:ちょうどディアマンテとシグマが登場した1990年の前年に、物品税の廃止や、自動車税の改正、任意保険の改定などもあって、国内の高級車市場は活性化していったんだよね。

旦那:誰もが乗れる国民車から高級車路線にシフトしていったわけですね。

会長:会社役員の送迎車と使われたりもしてた。「エグゼクティブ」なんていう、ちょっとこっ恥ずかしいグレードもあったんだww

旦那:シグマのほうはディアマンテの姉妹車ってことで、マイナー車だったことは確かですよね(´ーωー`)
三菱車大好きなジャッキー・チェンの映画にもシグマは登場してなかったし。

会長:まあ、確かディアマンテのほうは『ツイン・ドラゴン』に出てたね(´・ω・`;A)

旦那:シグマのテレビコマーシャルのキャッチコピーは「きっと忘れられないクルマになる。」という、いま思えばなにか切実な願いがこもったものでしたね…

会長:ディアマンテとシグマはもともとギャランΣ(シグマ)の後継モデルという微妙な立ち位置だったし、ギャランもコルトギャラン→ギャラン→ギャランΣ→ギャランとなんとなく方向性が定まってなかったような……。

旦那:関係ないけど、ディアマンテとシグマが登場した翌年の1991年に、ディアマンテスっていうラテンバンドがいましたね。

会長:「ぼ~られ、おーお、頑張れ、おぉおぉ~♪」ってやつ?

旦那:それはジプシー・キングスですよ(*・・)♂ツンツン

【回答】

・スペイン語

ディアマンテ(Diamante)はスペイン語でダイヤモンドのこと。三菱は車名に各国の言葉で3とかダイヤモンドを入れるのが好きなようで、思いつくものがいくつもあります。
また、他にもスペイン語の車名がありますね。たとえば軽ワンボックスのBravo(ブラボー)はスペイン語で感嘆詞のほか、「勇猛な」など。

ちなみに人気車種のパジェロ(Pajero)はイギリスでは「Shogun(ショーグン)」、スペイン語圏では「Montero(スペイン語で漁師の意)」の名前で売られています。英語でpajeroは南米に生息する野生の猫の名前なのでワイルドなイメージにピッタリなのですが、スペイン語圏(パペロと発音)ではお下品になってしまうから。
ここでは意味は書かないので、気になったら調べてみてくださいね。

海外では商標が使えないなど、似たような理由で輸出モデルでは車名が変わっているケースって結構ありますよ。

関連する投稿


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。



2000GT | トヨタ - 半世紀を経て今なお国産名車の最高峰【旧車】

2000GT | トヨタ - 半世紀を経て今なお国産名車の最高峰【旧車】

トヨタのスポーツカー、2000GTです。どこから見ても破綻のない、完璧とさえいえる美しいデザインは、時代を超えて観るものを魅了します。


【クイズ・旧車千本ノック】226本目

【クイズ・旧車千本ノック】226本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。


最新の投稿


ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョンが愛と平和を願って書いた不朽のクリスマス・ソング。 1970年のビートルズ解散後、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにプラスティック・オノ・バンドでの音楽活動の傍ら、平和を求める活動に参加しました。


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。


ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

「強力で鋭いポップ・ゴスペル」と謳われた力強い歌声で、1985年のデビューから90年代にかけてR&Bシーンに君臨した歌姫、ホイットニー・ヒューストン。7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立て、累計セールスはアルバム1億4,000万枚以上、シングル5,000万枚以上となるほど圧倒的な人気を集めました。2012年の早逝が悔やまれます。