昭和の町並みがお台場に!町田忍とブラリ「ヒストリーガレージ」を巡る(1)

昭和の町並みがお台場に!町田忍とブラリ「ヒストリーガレージ」を巡る(1)

「お台場」と聞くと、昭和オヤジたちはどんなイメージを持つだろうか? 若者のデートスポット?あるいはフジテレビ?あるいはガンダム?…どれも正解ではある。お台場は昭和オヤジに不向きかと言われれば、そんなことはないんです! お台場には昭和オヤジが「懐かしい」と思わずにはいられない、とっておきのスポットがありました。 今回は、そんな昭和でレトロなスポットを庶民文化研究家・町田忍さんと一緒に巡ってきた。


お台場に昭和は、ありまぁす!

昭和はお台場MEGA WEBにあり!

若者のデートスポットとして定番となったお台場。
そんなお台場にオヤジが懐かしいと感じる場所がどこにあるかというと、これまたデートスポットとなっているヴィーナスフォート内にある!TOYOTAが展開するクルマのテーマパーク「MEGA WEB」。
その中のひとつのエリアを占める、ヒストリーガレージだ。

このヒストリーガレージでは現在、1960年代の日本を再現した展示が行われているのだ。
そして、それを監修したのがゴル横ではおなじみ、我らが町田忍さん!
今回は、そんな監修者である町田忍さんの解説付きでヒストリーガレージをぶらりと散歩してみた様子をお届けしようと思う。

ヒストリーガレージ2階の「1960s TOKYO」へGO!

ビートル(タイプⅠ)

ヒストリーガレージの2階部分が「1960sTOKYO」の会場になっているので、そちらの入口で町田さんと待ち合わせ。待ち合わせ場所に行くと、町田さんの愛車でもあるフォルクスワーゲンのビートル(タイプⅠ)がいきなりお出迎え!
そう、トヨタの施設ではあるけれど、実はトヨタの車だけがあるわけじゃないんだね。

そして、会場は1960年代を忠実に再現した町並み。そこに懐かしい、まさにヒストリックカーが並んでいるというわけだ。町田さんはそんな町並みを監修していたり、そこかしこに並べられた昔の商品パッケージなんかを提供しているらしい。
というわけで、まずは町田さんが手がけた町並みからご紹介していこうではないか!

本物が並んでいるからこその、なつかしさ。

レコード店を再現

入っていきなり目が釘付けになってしまったのが、当時のレコード店を再現したショーウインドゥ。ここに並べられているレコードジャケットには、町田さんのコレクションも含まれているんだそうです。

ホーロー看板

こういったホーロー看板なんかも当時使っていたものを使用しているというこだわりっぷり!
そして、前半のハイライトが冒頭で紹介した、カメラ店のショーウインドゥ。

ショーウインドゥ

町田さんが指さしている、ショーウインドウ内の写真のお子さま。
なんとこれ、若かりし?日の町田さんご自身なんだとか。

町田:この写真、これね、実は僕なんだよね!www

町田少年

どうだろう・・・面影はあるだろうか?
それにしても、溢れ出る“いいとこのおぼっちゃん”感。
確かに町田さんの年齢ならリアルに当時の写真になるんだろうけど、まさかこんな私物まで展示されているとは驚きだ。

派出所

こちらは当時の派出所を再現したもの。
中に見える賞状や制服などは、町田さんのお父さんのものなんだとか。
そう、実は町田さんもお父さんも、どちらも元警察官なのだ。
それにしても賞状まで本物を出してくるなんて、ヒストリーガレージの本気度スゴイ・・・!

昭和の町並みに町田さんが馴染む

当時の大衆酒場で一杯やる町田さんの図。
町田さんが入るとなんだか一層リアルな感じがしてしまうのがおもしろい。
こうやって帰りがけに飲んでいる父ちゃんを迎えに行かされたりしたものだ・・・。

10円玉もテレカも遠くになりにけり。

赤電話

むかし懐かしい、ダイアル式の赤電話。
これを見ているときに、若いカップルが「どうやって使うんだろうね」と言っていたのが衝撃的でした(´・ω・`)
番号のところに指突っ込んで回すんだよ、バカヤロー(# ゚Д゚)

町田:今の子は、これ番号のところ押すらしいね…

時代だなぁ・・・なんでもタッチだと思ってるのねorz

軒先

1960年代の家庭を忠実に再現したエリアで、軒先で夕涼みをする町田さん。

昭和のお茶の間

関連する投稿


町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

町田画伯が昔ながらの銭湯を絵で再現

今回は町田画伯が描く、在りし日の銭湯の絵をご紹介!町田画伯ならではの筆致で描かれる銭湯は、本物以上にレトロな趣があり、とてもイイ!また、こんなにさまざまな建築様式があるのかと、ハッとさせられるところもあるので、ぜひ楽しんでもらいたい。


ハコスカケンメリも…GT-Rはやっぱり男の夢!旧車が集まる東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち(2)

ハコスカケンメリも…GT-Rはやっぱり男の夢!旧車が集まる東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち(2)

スーパーカーブーム真っ只中を生きた昭和のオヤジ世代が大好きなクルマの祭典「東京オートサロン2020」に行ってみた!東京オートサロンの会場で見つけた伝説級の旧車・名車をご紹介!やっぱりハコスカケンメリは外せないよね!


あの旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

あの旧車が町田画伯のイラストで蘇る!レトロなテイストで往年の名車を描いてみた

庶民文化研究家であり、銭湯研究家であり、さまざまな顔を持つ町田忍さん。そんな町田さんの画伯としての側面を今回はご紹介。町田画伯の数あるイラストの中から今回、テーマに選んだのは「旧車」。精緻、だけど、どこかノスタルジックな町田画伯の旧車イラストをご覧あれ!


旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

旧車も発見!趣味車の祭典・東京オートサロン2020で見つけたオヤジが好きそうな名車たち

スーパーカーブーム真っ只中を生きた昭和のオヤジ世代たちが大好きなクルマの祭典「東京オートサロン2020」に行ってみた!今回は、昭和オヤジが喜びそうな車をピックアップ。あとついでにかわいいコンパニオンのオネーチャンも少しだけ…。


町田忍とポケットティッシュ│街角で配布されていたポケットティッシュのチラシ

町田忍とポケットティッシュ│街角で配布されていたポケットティッシュのチラシ

今回、庶民文化研究所の町田忍所長が紹介するのは、街角で配布されていたポケットティッシュ。そこは庶民文化の第一人者である町田さん。目をつけたのはポケットティッシュ本体ではなく、一緒に配布されていたチラシのほう。ポケットティッシュに広告として挟まれたチラシから、芸能人や有名キャラとコラボしたものまで、バラエティ豊かなポケットティッシュチラシの数々をご覧あれ!


最新の投稿


カローラ1200(2代目) | トヨタ - 東京ICから西宮ICまで無給油で走れる!【旧車】

カローラ1200(2代目) | トヨタ - 東京ICから西宮ICまで無給油で走れる!【旧車】

2代目カローラ発売の前年、1969年に東名高速道路が全線開通し、日本にも本格的なハイウェイ時代が到来しました。それにあわせ、東京ICから西宮ICまで無給油で走れることをアピール登場したのが2代目カローラです。


【クイズ・旧車千本ノック】275本目

【クイズ・旧車千本ノック】275本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


スマッシング・パンプキンズ/The Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight - 1995年

スマッシング・パンプキンズ/The Smashing Pumpkins - Tonight, Tonight - 1995年

2000年の解散(その後2006年に再始動)までにグラミー賞に10度ノミネートされ、4枚のアルバムがプラチナムに認定されるなど、90年代のオルタナティヴ・ロックを代表するバンドの一つだったのが”スマパン”ことスマッシング・パンプキンズ。中心メンバーのビリー・コーガン(vo,g)の内省的な歌詞とロマンチックなメロディ、グランジ/オルタナティヴ的なヘヴィな演奏で人気を博しました。


ジュースミキサー | 楽に持運び、優美なデザインで卓上にも

ジュースミキサー | 楽に持運び、優美なデザインで卓上にも

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「ジュースミキサー」。自宅で手作りジュースの贅沢を!


【クイズ・旧車千本ノック】274本目

【クイズ・旧車千本ノック】274本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!