昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「アフターファイブ」。………定時が5時ってどんなホワイト企業ですか?


アフターファイブ

死語解説:アフターファイブ[名詞]

終業後のプライベートな時間のこと。
5とは終業時間のこと。つまり5時である。17時である。
80年代あたりでは5時終業の企業もまだまだ多く、象徴的に使われていたが、ワークスタイルの変化とともに死語となっていった。
『渋谷で5時』とか『5時から男』なんて言葉も派生して生まれていた。
いまじゃ終業時間が5時だろうと残業が常態化しているんじゃないだろうか。アフターファイブよ、カムバック!

時代背景

『アフターファイブはなにしてる?』なんて質問がまかり通っていたかつての時代。
この言葉が当たり前に使われていた時代はおよそ1980年代後半のことだ。当時はいわゆる9時5時が一般的で、多くの会社員は5時に退社していたことから、この言葉が使われたものと思われる。
だが、1990年代以降、そもそも始業時間が9時以降になる企業が出始めたことで、必然的に終業時間も後ろにズレていき、徐々に使われなくなっていった。
いや、そもそも80年代後半から90年代初頭はバブル全盛期。「24時間働けますか?」な時代。終業後を表すというだけで、もしかしたら早晩ライフスタイルはマッチしなくなっていたのかもしれないね。
その証拠といってはなんだが、実はいまでもアフターファイブという言葉はところどころで見かけることもある。言うなればアフターファイブという言葉は、死語ならぬゾンビ語といえるかもしれない。

ちなみに、同じく「5時」と入った言葉に『5時から男』という言葉がある。こちらは高田純次がキャラクターを務めたグロンサンのCMから生まれた言葉で、1989年に流行語大賞も受賞している。アフターファイブが先か、5時から男が先か、そのへんは不明瞭だ。
現代語として、一時期「キラキラ20時退社」なる言葉も生まれたが、寿命は短かった。これからテレワークが一般的になったとき、果たして終業後はどんな言葉で表されるようになるのか、気になるところだ。
※本記事は、イラスト・文を再編集して公開しています

関連する投稿


昭和 死語の世界 ~ナウい~

昭和 死語の世界 ~ナウい~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。今回ご紹介する死語は「ナウい」。ナウなヤングが作り出したイケてる若者言葉だったものである。


昭和 死語の世界 ~ワケワカメ~

昭和 死語の世界 ~ワケワカメ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「ワケワカメ」。この言葉が死語っていうことがもうすでにワケワカメだよね。


昭和 死語の世界 ~ケツカッチン~

昭和 死語の世界 ~ケツカッチン~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「ケツカッチン」。いわゆる業界用語だけど、バブル期には流行っていたよね?「ケツカッチン」。


ビジネス死語まとめ ~ゼロックス・ASAP・ヤンエグetc~

ビジネス死語まとめ ~ゼロックス・ASAP・ヤンエグetc~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回は「ビジネス死語まとめ」。会社でゼロックスとかASAPとか、得意気に使っちゃってないですか?その言葉はもう、死んでいる。


赤い公衆電話

赤い公衆電話

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はかつて街でよく見かけた「赤い公衆電話」。最近の子はかけ方も知らないとかなんとか…。


最新の投稿


ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングルで育った戦士、仮面ライダーアマゾンの愛車「ジャングラー」です。仮面ライダーのよきサポート役である、バイクレーサーの立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)の手になるマシンです。


サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel -Bridge Over Troubled Water-1970年

サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel -Bridge Over Troubled Water-1970年

ポール・サイモンとアート・ガーファンクルによるフォーク・デュオ。1964年にデビューし、70年の解散後も断続的に活動しています。文学的な歌詞と美しいハーモニーで普遍的な人気を誇り、若い世代にも数多くのファンがいるレジェンドです。


ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

くりっと丸い2灯ヘッドライトにナンバーやウインカーの位置がまるでドラえもんの鼻とヒゲ!? 「ドラえもんハイゼット」と呼ばれることもある、4代目前期型・S38V型のハイゼットです。


【クルマニアックイズ】108本目

【クルマニアックイズ】108本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオンはカナダ出身の歌手。若くして歌の才能を認められ、1981年にレコード・デビュー。圧倒的な歌唱力を持ち、97年公開の映画「タイタニック」の主題歌になった「My Heart Will Go On」の世界的大ヒットなどで不動の地位を築きました。


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽