【旧車】初代パブリカ│トヨタ 空冷水平対向2気筒エンジンを採用し大衆車の代表格

【旧車】初代パブリカ│トヨタ 空冷水平対向2気筒エンジンを採用し大衆車の代表格


■「国民から愛されるクルマ」という名前の元祖大衆車
・モデル名 :パブリカ
・世代/形式:P10、20、UP20型系
・メーカー名:トヨタ
・販売時期 :1961~1969年

1955年に通産省が発表した「国民車構想」が発端で誕生

横浜マリンタワーが開業し、ソ連のガガーリンが世界初の有人宇宙飛行に成功、映画「荒野の七人」や「用心棒」が公開された1961年に、トヨタの初代パブリカは発売されました。

パブリカという車名は「PUBLIC(大衆)」と「CAR(クルマ)」の合成語で、「国民から愛されるクルマ」という意味で110万通近い一般公募の中から決まったものでした。

パブリカが誕生することになったのは、1955年に通産省が発表した国民車構想が発端。
当時の国民車として求められた条件は、「排気量350~500cc」「最高時速100km/h以上」「乗車定員4名」「燃費は30km/リッター以上」「大きな故障がなく10万km走れる」などがあり、さらに国民の誰もが買えるような低価格というあまりにも厳しい内容でした。

どの自動車メーカーにとっても実現困難なものだったため、トヨタはミニマム実用小型車としてパブリカを開発していったのです。

ボディは全長×全幅×全高3580×1415×1380mm、ホイールベース2130mmの2ドアセダンからスタートし、大人4人が乗って快適なロングドライブを可能にするキャビンスペースを持っていました。当時の小型車の駆動方式はRRが主流のなか、パブリカは「シトロエン・2CV」を参考に当初はFFで考えていたものの、最終的にはFRに決定。

軽量小型のエンジンは、697ccの空冷水平対向2気筒で、最高出力は28ps/4300rpm、最大トルクは5.4kg.m/2800rpm、最高速度は110km、燃費は24km/リッターと当時としては優秀なスペックでした。ミッションは当初4速MTのみで、62年に2速ATを追加しました。重くなりがちなプロペラシャフトを持ちながらも、車重は580kgとクラストップレベルの軽さを誇っていました。

パブリカではコストを徹底的に削り、ヒーターやカーラジオ、燃料計、サイドミラーはオプション設定。メッキパーツの使用も最小限にとどめ、車両価格は38万9000円という、勤労者でも購入できる低価格でした。しかし、内外装があまりにもシンプルすぎたこともあり、クルマに夢を求めていた大衆には受けず販売目標を下回ったのです。

発売から2年後にデラックス仕様を発売し、さらに1966年には排気量を800ccまで拡大したパブリカ800を発売。エントリーモデルの価格は35万9000円で、当時の為替レートが1ドル360円だったことから、1000ドルカーと呼ばれていました。パブリカはマイチェンするたびに車両価格が下がっていったのです。1967年にはトヨタスポーツ800(通称ヨタハチ)と同じエンジンを積んだパブリカ800スーパーも追加されます。

1969年には800ccエンジン搭載車が登場したのち、初代カローラの水冷直列4気筒の1100ccエンジンを搭載した、2代目パブリカへとバトンタッチするのでした。

クイズ☆エンスーとらのあな

パブリカという車名は聞いたことあるけど、どういう特徴があるのかわからないし、そもそも国民車って言葉も初めて聞いたというIT。
国民みんなが自家用車を持つことに憧れていた時代でしたね。

【問題】

1955年に通商産業省自動車課が発表した「国民車育成要網案」ですが、この国民車構想の条件としての国民車の想定価格はいくらだったのでしょうか?

・25万円
・35万円
・45万円
(答えは「倶楽部ミーティング」の下にあります)

倶楽部ミーティング

ミノ:パブリカが登場した1960年代は、まだクルマの車種自体が少なかった時代だね。

IT:そうですよね。「トヨタ自動車75年史」ってサイトを見ても、カローラ、ハイラックス、ハイエース、トヨタスポーツ800、トヨタ2000GT、センチュリーなんかがあるくらい〆(._.)メモメモ

ミノ:でもクラウンや、コロナ、ランクルなんて有名どころは1950年代から登場しているという事実…

IT:うんうん、それにしてもコロナの兄弟車、姉妹車、派生車が多いことにも驚きますw(゚ー゚;)wワオッ!!

ミノ:かなりのマニアじゃないとわからないから、自動車メーカーが車両系統図を作ってくれるのはありがたいこと。
特に古いクルマだと資料もなかなか残ってないし(´-ω-`)シュン

IT:自動車メーカーも、旧車マニアを大事にしていますね。新車販売だけでなく、売ったあとの遊び方も提案してきていますね。

ミノ:今は新車が売れない時代だからね。
トヨタ博物館ではパブリカも展示していて、不定期だけど確認走行も披露しているみたいだ。

IT:展示車両はたまに走らせないと、ほんとうの展示だけの車両になってしまいますからね。
自動車メーカーによってはその確認走行を一般公開したり、イベントで走らせたりしているからマニア必見です。

ミノ:横丁メンバーも取材したことがある「クラシックカーフェスティバルin神宮外苑」もそのひとつだね。

IT:ミノさんの場合は取材というか、半分遊びに近いですけどね(。・w・。 ) ププッ

ミノ:遊びが仕事になっているんだから、これでいいのだ(`・―・´)ドヤ!

【回答】

・25万円

国民車は25万円以内で販売するという厳しい条件でした。そのため自動車メーカー各社は小型車ではなく軽自動車を開発して、結果的に日本特有の軽自動車市場が確立したのですね。
ちなみにパブリカが発売された1961年の大卒初任給は1万5000円。ちょっと雑な計算をしてみると、パブリカは38万9000円なので、初任給の26カ月分だったわけです。現在の初任給は20万円程度なので、今でいうと520万円くらいのクルマだったということです。
520万円だったらクラウンが買えちゃいますね。パブリカは誰もが買える国民車というより、かなり高嶺の花だったのですね(;^_^A アセアセ・・・

ちなみに日本初のトランジスタラジオ、ソニー「TR-55」が発売になったのも1955年のことでした。

関連する投稿


【クイズ・旧車千本ノック】239本目

【クイズ・旧車千本ノック】239本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ベレット1600スポーツ/いすゞ - 欧州車を思わせるスポーツセダン【旧車】

ベレット1600スポーツ/いすゞ - 欧州車を思わせるスポーツセダン【旧車】

1960年代のいすゞの主力乗用車だったベレット。1963年のデビューから生産中止となる1973年まで10年を超えるロングライフなモデルだったね。


【クイズ・旧車千本ノック】238本目

【クイズ・旧車千本ノック】238本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

ムスタング マッハ1/フォード - 常磐道にこれのパトカーがいたのが有名【旧車】

スーパーカーブームのころ、アメ車のスポーティカーとして人気があったマスタングだ。当時は「ムスタング」って呼んでたよね。



最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】239本目

【クイズ・旧車千本ノック】239本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


『こんなものを買った』Nakamichi CR-30

『こんなものを買った』Nakamichi CR-30

じつはいまゴル横でもおなじみナカミチ道のtoby館長全面協力のもと「Nakamichi Complete Book」というムックを制作しております。毎日毎日ナカミチのことばかり考えているとナカミチのデッキが欲しくて欲しくてたまらなくなりました。



ベレット1600スポーツ/いすゞ - 欧州車を思わせるスポーツセダン【旧車】

ベレット1600スポーツ/いすゞ - 欧州車を思わせるスポーツセダン【旧車】

1960年代のいすゞの主力乗用車だったベレット。1963年のデビューから生産中止となる1973年まで10年を超えるロングライフなモデルだったね。