ステレオ時代の心のふるさと 岩手県の三共無線 Part1…本店

ステレオ時代の心のふるさと 岩手県の三共無線 Part1…本店

岩手県紫波郡矢巾町にある三共無線。もともとは現社長がラジオの製作、修理などで始めたお店だそうです。その後オーディオブームがありバブルとその崩壊があり、オーディオを巡るさまざまな環境の変化を経たお店です。


岩手に名店あり

かつて、日本の各地にオーディオの名店・専門店があり、とくに秋葉原や日本橋のない地方においては、その専門店が情報発信の場であり、オーディオの教室でもありました。そうしたお店の店主さんはさながらオーディオの先生。お客さんは生徒。先生の権威はメディアで活躍される評論家の先生にも匹敵するものだったようです。

もしかすると、この三共無線もかつてはそんなお店だったのかもしれません。ですが、いまは手の届きやすい中古品を中心とした、とてもフレンドリーなお店になっています。各地の専門店が閉店を余儀なくされた中、今でも三共無線が健在なのはそうした理由だったのかもしれません。

ただし、この三協無線、ただの中古オーディオ店だと思ってはいけません。そのカオスっぷりはまるでテーマパーク。訪れたものを混乱させること請け合いです。今回はその魅力の一端をおとどけすることにいたしましょう。

(注意)今回使用した写真は、2014年11月に『ステレオ時代』が初めて訪問した際のものです。現在では在庫も整理され、商品も大半は入れ替わっています。とくにカセットテープなどは、『ステレオ時代』で紹介された後、全国から注文がきてほぼ完売したようです。

舞い込んだタレコミ情報

以前ご挨拶でも書きましたが、手探りで始めた『ステレオ時代』。なにしろ情報が足りなかったため、誌面で様々な情報を募りました。その中のひとつに「近所の中古オーディオ店を教えてください」というものがありました。その募集に応じて、2名の方が同じお店を紹介してくださいました。それが岩手県の三共無線でした。

晩秋の岩手はなかなか寒く、どんよりと曇った空が、良く言えば歴史のありそうな、悪く言えば古びた建物にマッチしていました。

なにしろ事前情報もほとんどなしに伺ったため、ドアを開けるまでドキドキです。
「こんにちは~」
ドアを開けいきなり目についたのは積まれた中古と思しきコンポと、棚から溢れ床の箱にも詰め込まれたレコードの山。ビンゴ! 『ステレオ時代』にはぴったりのお店です。
さらにドアをくぐった左手には、なんと懐かしいTDKのカセット陳列棚!

テンションはMAXです。とりあえずカセットの前にあったテーブルにいらしたご年配の男性に名前を告げると、「ああ、聞いてます」と名刺をくださいました。小林克行さん、三共無線の社長さんでした。「詳しい話は専務に聞いてください」と、いずこかへ電話をしてくださり、ほどなく私よりちょっと年上の男性がやってきていろいろとお話くださいました。

ただ私はといえば、お話をうかがいながらも店内をちらちらと見える範囲で物色。確かに品揃えはなかなかなものです。感心するのは、売れそうなものを並べているのではなく、ヴィンテージで貴重なものから、ほぼガラクタの域にあるものまで脈絡はあまりありません。年代も1960年代から2000年以降のものもありそうです。
話をそこそこで切り上げ、「店内を拝見してもいいですか」と自由に見させていただくことに。

ただの中古オーディオ店にあらず

失礼ですが、岩手県の、それも盛岡市内でもないのに、よくぞここまで集めたなあ、という感じです。しかも、ところどころ『売約済』の札が見えるように、そこそこ在庫は動いているようでした。
レコードも相当な量です。デッドストックも多く、なんとLDもけっこうありました。
さらにこのカセットデッキの量。もう浮足立ってしまって、その場ではアタマがフリーズ状態。後で写真をじっくり見てなんで買ってこなかったんだろう、というものがいくつもありました。

さらにこのカセットデッキの量。もう浮足立ってしまって、その場ではアタマがフリーズ状態。後で写真をじっくり見てなんで買ってこなかったんだろう、というものがいくつもありました。

いまこれだけカセットデッキを並べられるお店がどれだけあるでしょうか。

さらにDATコーナーも!? 目を疑います。その脇のアクリルケースにはTDKのDAT生テープもたっぷり。1巻1000円は今となってはそれほど高くはないでしょう。10本入りの箱もあり。おっとその下にあるのはエクセリア(アイワの高級ブランド)が作った世界初の市販DATデッキ、XD-001です。

さらに店の奥には、ターンテーブルがずらり。マイクロなど一部の高級機を除くと1~2万で買える程度。最近ターンテーブルが人気と見ると、急に値段を上げてくるリサイクルショップがあるなか、とてもリーズナブルです。

交換針などオーディオまわりのアクセサリーが並ぶケース。とりとめのない感じですが、奥にはローディの自走式レコードクリーナーもあります。店内にはこんな感じのケースがいくつもあります。

関連する投稿


CF-1790B |  - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

CF-1790B | - いかにもソニーなデザインの隠れた名機

スリムなボディに16cmウーハーと5cmツイーターの本格2ウェイスピーカーを搭載したソニーの実力機。


S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ  - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

S2 プリメインアンプ | ユニゾン・リサーチ - リアルウッドを使った美しいデザインの管球式プリメイン

ユニゾンリサーチはイタリアのオーディオメーカー。真空管を採用したアンプを中心に、アナログプレーヤーやフォノイコライザー等、幅広いラインアップを展開しています。


System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

System70/Nakamichi - ナカミチが統合的に作り上げたシステムオーディオ(後編)

1976年に600シリーズのコントロールアンプ、FMチューナー、パワーアンプ、カセットデッキをシステムラックに組み込んだSYSTEM-ONEというシステムがありました。10年後の1986年、その間に蓄積された技術をベースに、ナカミチが考えるハイエンド・オーディオとは何かを具現化したシステムオーディオであるSystem70の紹介です。今回は前回に引き続き、後編をお届けします。


『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

『せどりの手帖~リサイクルショップ探訪記』ゴールドライオン(千葉県船橋市)

全国津々浦々にリサイクルショップはあります。なかには大手チェーンで全国展開しているようなお店も多いのですが、最近掘り出し物がないなあ、なんて思っている方、いらっしゃいませんか。でもついつい入っちゃうんですよね。


RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

RD-459J | シャープ - デザインもシャープだった

ラジカセ黎明期のシャープ製モノラルラジカセです。タテヨコ比のバランスが良く、シルバーをパネルや縁取りに使ったデザインにセンスを感じます。


最新の投稿


ニック・ロウ/Nick Lowe - Cruel to be Kind - 1979年

ニック・ロウ/Nick Lowe - Cruel to be Kind - 1979年

ニック・ロウは1949年生まれのイギリスのミュージシャン。1979年リリースの3枚目のアルバム『Labour of Lust』に収録。ニックの代表作で、邦題は『恋するふたり』。このアコースティック・バージョンもシブくていいですね。


昭和 死語の世界 ~スタンバる~

昭和 死語の世界 ~スタンバる~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「スタンバる」。かの有名なブラ◯ト艦長発祥とも言われる言葉です。


ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサン・フェアレディ2000は発表翌年の1968年、過酷で知られる「モンテカルロ・ラリー」でいきなり3位の好成績を収め、年間1万台以上を販売する人気車となりました。


【クルマニアックイズ】58本目

【クルマニアックイズ】58本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

イギリス出身。映画『セント・エルモス・ファイアー』のテーマ曲で全米1位を獲得しました。