藤波辰巳を襲ったカネック敵前逃亡事件

藤波辰巳を襲ったカネック敵前逃亡事件

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「藤波辰巳を襲ったカネック敵前逃亡事件」をお届けします。


藤波辰巳を襲ったカネック敵前逃亡事件

メキシコでの人気カードだった藤波辰巳とエル・カネックのマノ・ア・マノと呼ばれるシングルマッチが1978年3月30日、東京の蔵前国技館で行われることになったが、新日本プロレスからはWWWF ジュニアヘビー級選手権試合で、さらに髪の毛と覆面をかけたデスマッチ「カベジェラ・コントラ・マスカラ」であると発表されていた。

だが、試合当日、蔵前国技館からカネックは消えた。マスクをかけることをカネックは承諾していなかった。ミル・マスカラスらに次ぐエストレージャの地位を築きつつあったカネックにとって、日本でそんなリスクを背負うことは回避するしかなかった。

ましてや、タイトルマッチとデスマッチはメキシコではまったく別物でそれが同時に行われることはあり得なかった。

負けなければいい、でも、敵地だ。もし、藤波に負けたら、マスクを脱いで、素顔をさらして、本名を名乗って、もう二度と試合でその覆面を被ることはできない。それがメキシコのルールで、それはボクシングとルチャを統括するメキシコのコミッションでは厳格に守られてきた。

昔、新日本プロレスに偽物のエル・サントが登場したときも、メキシコでは大問題になって、偽物になったレスラーは処罰の対象になった。

髪の毛はもし負けて坊主頭に刈り取られて、ひと時「ペロン」とファンから馬鹿にされても、時間が経てばまた生えてくる。だが、覆面レスラーは一度、覆面をかけた戦いに敗れたら、それ以降は素顔で戦うことを余儀なくされる。

カネックにとってマスクはベルトよりも大事なものだった。

単なる異国のプロモーターの思い付きによって、生活の糧であり、近い将来に巨額のファイトマネーに化けるかもしれない大事なキャラクターを失うことは、どうしても避けなければならない。

カネックが選択したのは沈黙の職場放棄だった。
たとえ、日本の出来事でも、試合の結果がメキシコに伝われば、ルチャドールとしてその選手生命にかかわる重大な事態になるからだ。

すべては、事情を踏まえた上での、私の勝手な想像である。
本人も「忘れてしまった」と口を閉じたまま、その真相はヤブの中だが。カネックは絶体絶命の危機感を一人で抱え込んでいたというのが、的を射ているだろう。

ゴールデン横丁の仲間たち | 原 悦生(はら えつお)

https://goldenyokocho.jp/articles/672

16歳からプロレスを撮り始める。スポニチの写真記者を経て、1986年からフリーランス。アントニオ猪木とイラク、キューバ、北朝鮮など世界中を旅した。サッカーではUEFAチャンピオンズリーグの常連で、ワールドカップは8回取材している。プロレスの著書には「猪木の夢」「INOKI」「Battle of 21st」などがある。国際スポーツ記者協会(AIPS)会員。 FootballWorldで食べまくり!

関連する投稿


楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー者」をお届けします。


蝶野正洋のG1クライマックス。

蝶野正洋のG1クライマックス。

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「蝶野正洋のG1クライマックス」をお届けします。


北澤豪 ‐ 火の玉小僧と社会貢献

北澤豪 ‐ 火の玉小僧と社会貢献

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「北澤豪 ‐ 火の玉小僧と社会貢献」をお届けします。


人間発電所 ブルーノ・サンマルチノ

人間発電所 ブルーノ・サンマルチノ

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「人間発電所 ブルーノ・サンマルチノ」をお届けします。


望月三起也 ‐ サッカーに情熱を注いだ偉大な漫画家

望月三起也 ‐ サッカーに情熱を注いだ偉大な漫画家

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「望月三起也 ‐ サッカーに情熱を注いだ偉大な漫画家」をお届けします。


最新の投稿


ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - Night Fever - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「楚輪博 ‐ ヤンマー黄金時代を継承したゲームメーカー者」をお届けします。


クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

クラウン2000デラックス | トヨタ - 「クジラクラウン」の愛称で呼ばれる独特のスタイル【旧車】

トヨタ・クラウンの4代目、俗にいう「クジラクラウン」です。時代に先んじたスタイルは好みがわかれ、保守的なユーザーの多い高級車市場ではシェアを落とすことになりました。


プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout - We Let the Stars Go(星をきらめかせて)- 1990年

プリファブ・スプラウト/Prefab Sprout - We Let the Stars Go(星をきらめかせて)- 1990年

全英7位まであがった90年代の”プログレ”アルバムより。 プリファブ・スプラウトはパディ・マクアルーン(vo,g)を中心に結成され、1982年にデビューしたイギリスのグループ。「歌職人」と讃えられたパディの手による洗練されたメロディで人気を集めました。


「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動照明顕微鏡」。自動照明付きがポイントです。