ミル・マスカラス。「千の顔を持つ男」とメキシコ

ミル・マスカラス。「千の顔を持つ男」とメキシコ

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「ミル・マスカラス。「千の顔を持つ男」とメキシコ」をお届けします。


ミル・マスカラス。「千の顔を持つ男」とメキシコ

ミル・マスカラスが初めて日本にやってきたのは、日本プロレス時代の1971年2月だった。
東京スポーツは連日「悪魔仮面」と赤刷り見出しを掲げ、雑誌のゴングは「マスカラスのゴングか、ゴングのマスカラスか」というくらい毎号のようにマスカラス特集を組んでいた。

マスカラスの来日には羽田空港に少年ファンが多数押し寄せた。

マスカラスの日本デビュー戦は星野勘太郎が相手だった。マスカラスは星野の顔面にドロップキックを突き刺して、星野の前歯を折った。
私はこの試合をテレビで見ていた。

マスカラスを最初に撮影したのは1972年夏の2度目の来日の時、後楽園ホールだった。

マスカラスは「スカイハイ」の音楽と共に日本でも大人気でヒーローになった。

それから20年が過ぎた頃、一般雑誌の旅の企画で「○○のメキシコシティ案内」というのをやることになった。
○○にはその国の有名人が入る。
誰でも知っているメキシコの有名人?
それはもうマスカラスしかいなかった。

交渉はちょっと難航したが、電話口のマスカラスは、マントをつけたフル・コスチュームでシティのシンボル的な名所を歩く、という提案を快く呑んでくれた。

撮影はメキシコシティの中心のソカロ広場から始まった。
メキシコを代表する英雄がシティを歩き始めた。

ゴールデン横丁の仲間たち | 原 悦生(はら えつお)

https://goldenyokocho.jp/articles/672

16歳からプロレスを撮り始める。スポニチの写真記者を経て、1986年からフリーランス。アントニオ猪木とイラク、キューバ、北朝鮮など世界中を旅した。サッカーではUEFAチャンピオンズリーグの常連で、ワールドカップは8回取材している。プロレスの著書には「猪木の夢」「INOKI」「Battle of 21st」などがある。国際スポーツ記者協会(AIPS)会員。 FootballWorldで食べまくり!

関連する投稿


革命戦士・長州力①。後楽園ホールの反乱

革命戦士・長州力①。後楽園ホールの反乱

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「革命戦士・長州力①。後楽園ホールの反乱」をお届けします。


川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(後篇)

川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(後篇)

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(後篇)」をお届けします。


600キロ超えの巨漢マクガイヤー兄弟

600キロ超えの巨漢マクガイヤー兄弟

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「600キロ超えの巨漢マクガイヤー兄弟」をお届けします。


川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(前篇)

川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(前篇)

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「川口能活 ‐ 情熱系ゴールキーパー(前篇)」をお届けします。


ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人

ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「ヒロ・マツダ。黒タイツで裸足の正統派の日本人」をお届けします。


最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】239本目

【クイズ・旧車千本ノック】239本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビー・ジーズ/Bee Gees - How Deep Is Your Love(愛はきらめきの中に) - 1977年

ビージーズはバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に結成し、全員がボーカルを担当したグループ。1963年のデビューから21世紀に入るまでの長期間活動し、数多くのヒット曲を残しました。


『こんなものを買った』Nakamichi CR-30

『こんなものを買った』Nakamichi CR-30

じつはいまゴル横でもおなじみナカミチ道のtoby館長全面協力のもと「Nakamichi Complete Book」というムックを制作しております。毎日毎日ナカミチのことばかり考えているとナカミチのデッキが欲しくて欲しくてたまらなくなりました。



ベレット1600スポーツ/いすゞ - 欧州車を思わせるスポーツセダン【旧車】

ベレット1600スポーツ/いすゞ - 欧州車を思わせるスポーツセダン【旧車】

1960年代のいすゞの主力乗用車だったベレット。1963年のデビューから生産中止となる1973年まで10年を超えるロングライフなモデルだったね。