ペナントって、定番だけど反応に困るお土産だよね(笑)

ペナントって、定番だけど反応に困るお土産だよね(笑)

昭和を代表するお土産と言っても過言ではあるまいペナント。昭和の土産物店のエースとして売り場を席巻し、子どもたちが修学旅行に行く度にお土産として帰ってくる。故に家庭さえも席巻した「ペナント」。庶民文化研究所にはさまざまなペナントコレクションがあった。…「ペナント」絶対買ったことorもらったこと、あるでしょ?www


土産といったら「ペナント」でもそもそもなに?

ペナントと庶民文化研究所の町田忍所長

三大反応に困る土産物といえば、木刀、龍が巻き付いた変な剣のキーホルダー、そしてこのペナントだと個人的には思っている。
買ってる当人としても、ものすごーく役に立たないことは理解しているのだ…しているのだが、なぜか買ってしまう引力がそれらには、ある!w
なんというんだろうか、コレクター欲というのか、あるいは中二病というか、役に立たないものを集めてしまう奇病が、ある時期に発生してしまうよね(;´∀`)

そんな三大反応に困る土産物の一角「ペナント」なのだが、果たしてこの「ペナント」とやらはいったいなぜこの世に生を受けたのか、よく知られていないのではないだろうか?
そこでちょっと調べてみると、そもそもはかつての騎士が付けていた旗(ペノン)というものが起源と言われているらしい。

………まったく我々が想像している土産物屋のペナントとつながらない…(゚A゚;)ゴクリ
というわけでさらに調べてみると、どうやら土産物になった経緯としては、プロ野球のペナントレースがどうも関係しているらしい。ペナントレースで使われるペナントを模してご当地デザインにしたものが、今日のペナントの起源と言われている、ようだ(;´∀`)

どんな出自にせよ、ペナントに我々を引きつける魅力があることは確か。
だが、近年ではすっかりなりを潜めてしまい、昭和の懐かしグッズになってしまっている(´・ω・`)同じく反応に困るお土産代表の木刀とか、変な剣のキーホルダーは健在なのにね(´・ω・`)
というわけで、そんな昭和の懐かしのペナントたちを見ていこう!

意匠を凝らしたご当地ペナント

ペナントコレクション

こちらが町田さん収蔵するペナントコレクション。
自分で買ったものっていうよりは町田さんの息子さん(次男)などが買ってきたものが多いらしい。そのほとんどが九州地方のペナントなのはなんでだ?

九州横断ペナント

九州横断ペナント

こちらはちょっと珍しい1県ではなく、複数の県をまたいだペナント。
別府に阿蘇、九重、熊本、長崎、雲仙の文字が確認できる。
どうやら九州横断道路ができたあたりのペナントのよう。その入口となるYAMANAMI HIGHWAYなる場所で売られていたお土産のようだ。
ペナントといえばご当地、という感じだけど、こういうパターンもありなんだねw

地獄めぐりペナント

ペナント「地獄めぐり」

こちらも巡る系ペナント。
さまざまな場所を巡るのだが、その巡る先は地獄w
まあ、別府温泉のペナントってだけだけどね(;´∀`)
竜巻地獄やら血の池地獄やら、いろんなおどろおどろしい地獄がペナントには描かれている…これは入ったらひとたまりなさそうではないか…(゚A゚;)ゴクリ まあ、実はどれも入ればただの天国なんだけどねw
別府って、世界で一番人を集める地獄なんじゃなかろうかwww

グラバー邸ペナント

グラバー邸ペナント

多くのペナントが和の雰囲気が漂わせているなか、異国情緒を醸し出しているこちらのペナントは、長崎グラバー邸のペナント。
さすがは古くからの国際都市…ペナントひとつとっても純和風なものと比べてひと味違う作りになっているではないか!
情報量も比較的少なく、落ち着いた大人の余裕を感じるペナントだ!

熊本城ペナント

熊本城ペナント

これぞ王道のペナント!
個人的にはこれこそがキングオブペナントだと思う。

名所がドーーーンと載って、名前もドーーーン!
これこれ、このシンプルさと力強さこそペナントの醍醐味だよねw

震災の被害を受けて、石垣が崩れたりとなにかと大変な熊本城。石垣が復活したあかつきには、ぜひペナントも復活してほしいものである!

伊勢神宮ペナント

伊勢神宮ペナント

今も昔も日本人が詣でたいと思う聖地・伊勢神宮もペナントを出している。いくら霊験あらたかな場所であってもペナントのデザインは変わらないもののようだ(;´∀`)
でも実はそもそものお土産の起源は伊勢神宮を詣でる、お伊勢参りからとも言われている。と、すると伊勢神宮のペナントって実はものすごい貴重なものなんじゃなかろうか…(゚A゚;)ゴクリ

---------------------------------------------------------------------
町田:ペナントにはこんな豪華なものもあるからねw

鳥羽ペナント

ポン:ダイヤゴールドって、この金色のやつ?w

町田:そう、これがあると高いんだよw
まあ、今ではすっかり掛け軸タイプのやつが多くなっちゃってるけどねぇ…

ダイヤゴールド

IT:あ、俺、掛け軸のヤツも買ったことあるwww

ポン:確かによく見ると、ペナントと画風が一緒ねwww

と、このように昭和のお土産「ペナント」は、今でも掛け軸に姿を変えて生き残っているらしい…
時代は変われど、あの謎のお土産はやはり今でも人の心を捉えて離さないようだ。
だが、できることならもう一度、あの三角形の旗が土産物屋を席巻している姿を見たいものであるw

関連する投稿


昭和レトロな風景:ぺんてるのホームランパス

昭和レトロな風景:ぺんてるのホームランパス

昭和レトロなエモいアイテムを紹介していく昭和レトロな風景。 今回は昔なつかし「ぺんてるのホームランパス 」をご紹介。 アイテム提供は庶民文化研究所所長・町田忍さん!


昭和レトロな風景:コーワのケロちゃん

昭和レトロな風景:コーワのケロちゃん

昭和レトロなエモいアイテムを紹介していく昭和レトロな風景。 今回は昔なつかし「コーワのケロちゃん 」をご紹介。 アイテム提供は庶民文化研究所所長・町田忍さん!


昭和レトロな風景:ファンタの空き缶

昭和レトロな風景:ファンタの空き缶

昭和レトロなエモいアイテムを紹介していく昭和レトロな風景。 今回は昔なつかし「ファンタの空き缶」をご紹介。 アイテム提供は庶民文化研究所所長・町田忍さん!


昭和レトロな風景:キャバレーのコースター

昭和レトロな風景:キャバレーのコースター

昭和レトロなエモいアイテムを紹介していく昭和レトロな風景。 今回は昔なつかし「キャバレー」のコースターをご紹介。 アイテム提供はは庶民文化研究所所長・町田忍さん!


忌野清志郎さん(RCサクセション)ファンの聖地 『多摩蘭坂(たまらん坂)』も近くにある! 国立市の銭湯『鳩の湯』さん <後編>

忌野清志郎さん(RCサクセション)ファンの聖地 『多摩蘭坂(たまらん坂)』も近くにある! 国立市の銭湯『鳩の湯』さん <後編>

夏は銭湯の水風呂が最高に気持ちのいい季節。 こちら『鳩の湯』さんにも、軟水の水風呂がありますよ〜。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】542本目

【クルマニアックイズ】542本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


フジテレビ本社があった街・曙橋で67年! 輝く「AED設置」第1号銭湯『大星湯』さん <前編>

フジテレビ本社があった街・曙橋で67年! 輝く「AED設置」第1号銭湯『大星湯』さん <前編>

江戸時代には多くの武家屋敷があり、明治~大正時代にかけては小泉八雲、永井荷風、夏目漱石なども住んでいたという新宿区のこのエリア。探索からの銭湯はいかが?


【クルマニアックイズ】541本目

【クルマニアックイズ】541本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


昭和レトロな風景:ぺんてるのホームランパス

昭和レトロな風景:ぺんてるのホームランパス

昭和レトロなエモいアイテムを紹介していく昭和レトロな風景。 今回は昔なつかし「ぺんてるのホームランパス 」をご紹介。 アイテム提供は庶民文化研究所所長・町田忍さん!


【クルマニアックイズ】540本目

【クルマニアックイズ】540本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!