カネヨクレンザー - ニッポンの台所を磨き続けて80余年!

カネヨクレンザー - ニッポンの台所を磨き続けて80余年!

研磨剤入りの洗剤「クレンザー」。クレンザーといえばカネヨ、というぐらいにブランドイメージが「こびりついて」います。クレンザーでも落ちないほどに!?


ニッポンの台所を磨き続けて80余年!

ご多聞にもれずクレンザーも舶来のものでありますが、研磨剤をつかってこびりついた汚れを磨く、という行為自体は日本でも一般的でした。砂や火山灰を原料とする「磨き砂」をタワシにつけて鍋かまの焦げ付きをゴシゴシ落とす、というのは台所を守るご婦人たちの営みのひとつ。
難点は、どうしてもキズがついてしまうこと。汚れの落ちの度合いとキズ付き具合や摩耗はトレードオフ。良い加減でとどめないといけませんでした。

そこに登場したのが「クレンザー」。磨き砂とおなじく火山灰などのケイ酸鉱物なのですが、粒子がわずか数十ミクロンと小さく、さらに界面活性剤をふくむことから洗浄力が一層アップ!という優れ物。

大正時代にアメリカ製クレンザーが輸入されるようになると、ここに目を付けたのがのちの「カネヨ」の創業者となる鈴木治作さんでした。治作さんは一念発起、雑貨商をやめて1933(昭和8)年に「鈴木山陽堂」を興します。

クレンザーが本格的に売れるようになったのは、戦後の高度成長期になってからだそうです。というのも、食生活が欧米化し、油汚れに強い洗剤が必要になったから。

ただ、原材料がありふれたものですから参入企業も多く、最盛期には100種類以上ものクレンザーが世の中に出回っていたとういことです。

そんななかでカネヨが確固たる地位を築くことができたのは、販売網づくりや宣伝・販促活動に大いに力を注いだから。このハイカラなご婦人のパッケージもイメージづくりに大いに貢献したことでしょうね。そうそう、付けくわえると戦前のパッケージは「かっぽうぎ」姿のイラストでした。

ちなみに、この赤いパッケージは通称「赤函」で、1957(昭和32)年には、より傷が付きにくいよう改良された「青函」も発売されています。

取材協力:「昭和レトロ商品博物館」様

関連する投稿


平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

おもちゃのロケット弾(ジャンプ弾とも)やピストルに仕込む火薬ですね。巻紙になったタイプとこのようなシート状の「平玉」がありました。大人から危ないと言われるほどやってみたくなるのは子どものサガ。今も昔も変わらない?


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


スパイごっこおもちゃ - 将来の夢は・・僕はスパイです!?

スパイごっこおもちゃ - 将来の夢は・・僕はスパイです!?

1970年代前半ごろに少年のココロをトリコにしたヒット商品、スパイごっこ用玩具。スパイ手帳やらスパイの缶詰?やらいろいろなバリエーションがありました。「スパイ大作戦」「007」「ゴルゴ13」などスパイもののヒットが背景にあったのでしょう。


U字形じしゃく - U字形磁石のカラーリング問題

U字形じしゃく - U字形磁石のカラーリング問題

理科の教材の定番アイテム、磁石。このようなU字形がおなじみですね。N極とS極があって同じ極同士は反発し、違う極同士では引き合う。これは常識ですよね。


最新の投稿


サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

サニーカリフォルニア(3代目・B12型) | 日産 - トラッドだけど西海岸【旧車】

昭和60年(1985年)、B12型・通称「トラッドサニー」の5ドアワゴン版が登場。サニーの乗用ワゴン「カリフォルニア」としては3代目、サニーとしては6代目にあたります。「フォルクスワーゲン・サンタナ」からの影響が色濃く反映された直線基調のデザインと高い品質が支持されていました。


【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

【死語クイズ】意味がわからないときに言いたくなる死語ってなーんだ?

昭和に散った「死語」を再び照らす「死語の世界」。かつて誰もが口にしたフレーズをどれだけ理解しているか問うクイズを出題。正解してもしなくても、人生にまったく影響しないがぜひこの死語を思い出していただきたい。 今回の死語クイズは、意味がわからないことを表す言葉!


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


消防車

消防車

昭和の生活を庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストで振り返る「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは昭和に活躍したSUV型消防車!日産パトロールがベースの消防車だ。


【クルマニアックイズ】213本目

【クルマニアックイズ】213本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!