亀の子たわし(かんばん) - 使われ続けて1世紀以上!

亀の子たわし(かんばん) - 使われ続けて1世紀以上!

今でも家庭でよく見かける掃除道具、「たわし」。素材はスポンジやヘチマなど色々ありますが、昔ながらのヤシの繊維を使ったあの茶色い「亀の子たわし」が、ゴル横世代には一番ピンとくることでしょう。


使われ続けて1世紀以上!

「亀の子たわし(束子)」は一般名称かと思いきや、株式会社亀の子束子西尾商店の登録商標なのでした。

株式会社亀の子束子西尾商店のホームページには、「亀の子束子誕生秘話」が掲載されています。親孝行したさに、発明に没頭していた西尾正左衛門さんが亀の子束子を生み出すまでのお話が童話チックに語られていてほのぼのしますよ。

亀の子たわしの発売は1907年(明治40年)。とうに1世紀以上経っています。販売個数は累計でなんと5億個以上だとか!正左衛門さんのドリームがみごとにカムトゥルーしたわけですね~。

取材協力:「三十坪の秘密基地」様

関連する投稿


平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

平玉火薬 - 火薬は正しく使いましょう

おもちゃのロケット弾(ジャンプ弾とも)やピストルに仕込む火薬ですね。巻紙になったタイプとこのようなシート状の「平玉」がありました。大人から危ないと言われるほどやってみたくなるのは子どものサガ。今も昔も変わらない?


象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

象印スコップ・ショベル(かんばん) - 象は象でも「金象印」!

「象印」で思いつくのは魔法瓶や電気炊飯器でおなじみのあのメーカーですよね。ではこの象印は?魔法瓶とスコップ、はたして同じメーカーが作っていたのでしょうか?


日野ルノー

日野ルノー

昭和レトロな旧車や、レトロ家電、懐かしい建物など、古き良き昭和の日本に庶民文化研究所町田忍画伯がイラストで迫る。今回ご紹介するのは有名なルノーの車。ただし、日野自動車製ですが。


スパイごっこおもちゃ - 将来の夢は・・僕はスパイです!?

スパイごっこおもちゃ - 将来の夢は・・僕はスパイです!?

1970年代前半ごろに少年のココロをトリコにしたヒット商品、スパイごっこ用玩具。スパイ手帳やらスパイの缶詰?やらいろいろなバリエーションがありました。「スパイ大作戦」「007」「ゴルゴ13」などスパイもののヒットが背景にあったのでしょう。


U字形じしゃく - U字形磁石のカラーリング問題

U字形じしゃく - U字形磁石のカラーリング問題

理科の教材の定番アイテム、磁石。このようなU字形がおなじみですね。N極とS極があって同じ極同士は反発し、違う極同士では引き合う。これは常識ですよね。


最新の投稿


ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

ミラTR-XX(2代目・L70型) | ダイハツ - 新ジャンルを確立した軽【旧車】

2代目となったミラでは、ライバルのアルト(アルトワークス)に先駆けて、専用エアロパーツで武装し専用チューンを施した高性能バージョン『TR-XX』を発売。ハイパフォーマンス軽という新ジャンルを生み出した。


消防車

消防車

昭和の生活を庶民文化研究所所長 町田忍画伯が描くイラストで振り返る「昭和レトロ画帖」。今回のコレクションは昭和に活躍したSUV型消防車!日産パトロールがベースの消防車だ。


【クルマニアックイズ】213本目

【クルマニアックイズ】213本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】212本目

【クルマニアックイズ】212本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

サニー1000デラックス(初代・B10型) | 日産 - 約800万通から名前を決めた【旧車】

各社が700~1000ccクラスの小型ベーシックカーの開発を急ピッチで進めるなか、日産社内でもダットサンやブルーバードに続く小型モデルが求められていた。そこで新たに誕生したのが、そののち長く小排気量クラスを担う主力車種、サニーだった。