ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

一目瞭然、ナショナルの電球のかんばんです。なんでも擬人化するイラストはホーローかんばんの18番ですが、この電球さんもなかなか味わいのある表情。帽子をかぶった状態だとかなり微妙な絵になったと思われます。


それは国民ソケットから始まった!

「一番よい」という表現は今なら使えないかもしれません。「一番」を示す根拠がないと、不当景品類及び不当表示防止法、いわゆる景表法にひっかかってしまうのですね。ちなみに景表法が制定されたのは昭和37年(1962年)。それ以来、「一番」「絶対に」「日本一」なんていう誇大表示は消えていくことになったわけです。

それはさておき、ナショナル(現・パナソニック)の白熱電球が発売されたのは昭和11年(1936年)のこと。故・松下幸之助氏が設立した「松下電気器具製作所」は、増えてゆくであろう家電需要を見越して、電球以外の電化製品がつかえる差し込み口をそなえた「国民ソケット」を発売しまし。幸之助さんの読みがズバリと当たり大ヒットします。さすが経営の神様です。そしてその翌年、白熱電球の製造・販売にも乗り出したのでした。

白熱電球はすでにその役割をLED電球にゆずり、歴史上のアイテムになろうとしています。パナソニックも2012年10月に白熱電球の生産を終了しています。

取材協力:「三十坪の秘密基地」様

関連する投稿


切符 - コレクターズアイテムでもあった

切符 - コレクターズアイテムでもあった

リズミカルにひびく切符切りの音。そうはもう神業と言いたいくらいのスピードでパチパチやってましたっけ。懐かしいですね~。


中将湯(かんばん) - 中将姫伝説から始まった伝統の婦人薬!

中将湯(かんばん) - 中将姫伝説から始まった伝統の婦人薬!

ツムラというと「バスクリン」を真っ先に思い浮かべるのですが、礎を築いたのはコレ。創業以来のロングセラー商品、婦人薬の「中将湯」です。なんたってツムラは「中将湯本舗津村順天堂」としてスタートしたのですから。


D60形蒸気機関車 通称デロクマル

D60形蒸気機関車 通称デロクマル

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はみんな大好き蒸気機関車。デロクマルことD60形をご紹介。


金鳥かとりせんこう(かんばん) - 昭和の大スターもオススメ、日本の夏には!

金鳥かとりせんこう(かんばん) - 昭和の大スターもオススメ、日本の夏には!

かとり線香のCMとくれば、かたやアース製薬の由美かおるさん。そして金鳥はこの方、美空ひばりさん。いずれ譲らぬ昭和の大スターですね~。


赤い公衆電話

赤い公衆電話

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はかつて街でよく見かけた「赤い公衆電話」。最近の子はかけ方も知らないとかなんとか…。


最新の投稿


ツイステッド・シスターズ/Twisted Sister - Oh Come All Ye Faithful - 2006年

ツイステッド・シスターズ/Twisted Sister - Oh Come All Ye Faithful - 2006年

奇抜なメイクのヘヴィメタ・バンドによる賑やかなクリスマス・ソング。 結成は1972年と古く88年に解散。この曲は再結成後、2006年にリリースされました。


ピョンちゃん(エスエス製薬)

ピョンちゃん(エスエス製薬)

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回は薬局の前でよく見かけた懐かしのキャラクター・ピョンちゃんをご紹介。


ポール・マッカートニー/Paul McCartney - My Brave Face - 1989年

ポール・マッカートニー/Paul McCartney - My Brave Face - 1989年

言わずと知れたビートルズのメンバー。ビートルズ解散後はバンド Wingsを率いて、またソロとしても活躍。


キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

キーンと冷たい夏の風物詩・かき氷

今回は、庶民文化研究所収蔵のかき氷の旗やかき氷機など、かき氷グッズをご紹介。あの旗、あのかき氷機。あの懐かしい夏の日。昭和レトロな夏のかき氷アイテムをご堪能あれ!


【クルマニアックイズ】105本目

【クルマニアックイズ】105本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽