ナショナルインキ(かんばん) - 亀といい勝負の寿命か、万年筆!

ナショナルインキ(かんばん) - 亀といい勝負の寿命か、万年筆!

ナショナルはナショナルでも家電ではありません。万年筆のインキ。万年筆ってオトナの筆記用具というイメージでしたね。えんぴつ少年にとっては憧れの対象でした。


亀といい勝負の寿命か、万年筆!

「鶴千年、亀万年」と申しますね。長寿の象徴。

それはさておき「万年筆」というネーミングは秀逸です。半永久的に使えるんだな!ということが伝わってきます。もちろんインキが無尽蔵に出てくるはずはなく、補充しなければなりませんが。そもそも英語では「fountain pen」というのですね。「泉のペン」。泉のごとくインキが出てくる、という意味でしょう。こちらもやはりロングライフなイメージをあたえますね。

「泉ペン」では「泉さんが発明したペン」のように聞こえるので、やはり万年筆で正解でしょう。とはいいながら、日本に輸入された当時(明治時代)には直訳的な「針先泉筆」という呼ばれ方だったそうです。「万年筆」の命名者は諸説あって定かではありませんが、うまい名前であることには違いありません。

万年筆で書かれた古い文書なんかを見ると、すごく味のある字に見えますね。ボールペンでは絶対に出せない味です。悪筆も万年筆なら七難かくす、という効果もあるかもしれませんね。

すっかりキーボードに慣れてしまって、直筆があまりにもヒドイことに驚くことしばしばですが、万年筆ならごまかせるかな?

取材協力:「三十坪の秘密基地」様

関連する投稿


燐寸(かんばん) - 日本は世界のマッチ大国だった!

燐寸(かんばん) - 日本は世界のマッチ大国だった!

マッチ箱、昔はどこの家庭にもあったものですが、最近はすっかり見かけなくなりました。マッチ箱の絵柄はどれもこんな赤っぽい色調に麒麟やら龍やらのイラストが描かれていた記憶です。このかんばんは「マユにのった蛾」に見えます。蛾のはねの「燐」粉とひっかけたんでしょうか?


ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

一目瞭然、ナショナルの電球のかんばんです。なんでも擬人化するイラストはホーローかんばんの18番ですが、この電球さんもなかなか味わいのある表情。帽子をかぶった状態だとかなり微妙な絵になったと思われます。


赤い霊柩車

赤い霊柩車

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロな筆致で蘇らせるこのコーナー。今回のテーマはあの『赤い霊柩車』。そういえば宮造りな霊柩車自体見かけなくなったなぁ…


マニカラーペンシル - 27色が一本で!夢のような色鉛筆

マニカラーペンシル - 27色が一本で!夢のような色鉛筆

「なんでも入っている」というのは子どもの購買意欲を著しく刺激する要素のひとつですね。万能ナイフしかり、やたらとポケットのついている筆箱しかり。フル装備なのを自慢したくなるんですよね。だいたいどれも実用的にはクエスチョンマークがつくものですが。


電気ホージ茶(かんばん) - 電気+ほうじ茶で想像できるものは?

電気ホージ茶(かんばん) - 電気+ほうじ茶で想像できるものは?

謎めいた看板。なぜに電気?衛生によいとは?だれか、この謎をといてください!!


最新の投稿


ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

ギャランFTO | 三菱 - 理想のプロポーション、黄金比を持つスポーツクーペ【旧車】

GTOの弟分としてデビューした、コンパクトで低く構えたスタイルなのだけど、どことなく幅広くてどっしりとしたイメージを持つ、ギャランクーペFTOです。


【クルマニアックイズ】92本目

【クルマニアックイズ】92本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


キム・カーンズ/Kim Carnes - Bette Davis Eyes - 1981年

キム・カーンズ/Kim Carnes - Bette Davis Eyes - 1981年

邦題は『ベティ・デイビスの瞳』。この曲は9週連続で全米1位となる大ヒットとなりました。ハスキーボイスが官能的ですね。


UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

UFOロボ グレンダイザー - フランスで大ヒット!クール・ジャパンの先兵とは俺のことさ!

マジンガーシリーズの第三弾、『UFOロボ グレンダイザー』です。あえて「UFOロボ」と枕詞がつくところがミソで、これは当時のUFOブームに乗っかろうという制作側の意図から出たものでした。


アース・ウインド&ファイア/Earth, Wind & Fire - Fantasy - 1977年

アース・ウインド&ファイア/Earth, Wind & Fire - Fantasy - 1977年

1970年にアメリカでデビューし、現在も現役で活動を続けるレジェンド・バンド。モーリス・ホワイトとフィリップ・ベイリーのツイン・ヴォーカル、重厚なホーン・セクション、モーリスの弟・ヴァーダイン(B)を中心とするリズム隊の強靭なグルーヴで70年代を中心にヒット曲を量産しました。結成当初からファンキーなR&Bを得意としていましたが、当時世界的に大流行したディスコを取り入れ、さらに人気を拡大しました。