電気ホージ茶(かんばん) - 電気+ほうじ茶で想像できるものは?

電気ホージ茶(かんばん) - 電気+ほうじ茶で想像できるものは?

謎めいた看板。なぜに電気?衛生によいとは?だれか、この謎をといてください!!


電気+ほうじ茶で想像できるものは?

なんでもネットで検索な時代ではありますが、今回は検索する前に半世紀以上の年輪を刻んできた我が頭脳をフル回転させてみます。

1.製造時に手を使わず、電気式のかくはん機で茶葉をかき混ぜたから
 そのココロ:衛生的だから

2.炭火ではなく、電気式コンロで茶葉を加熱したから
 そのココロ:一酸化炭素を出さないので。ん?衛生とは関係ないですね

3.シビレるほど「美味~い」から
 そのココロ:電気ブランからの連想です

あぁ、コレ以上もう無理です。検索してみます・・

・・ダメです、全然関連ありそうなページが出てきません!ぐぐーるさんもご存じないとは・・

電気ホージ茶っていったい何なのぉ~!

取材協力:「三十坪の秘密基地」様

関連する投稿


亀の子たわし(かんばん) - 使われ続けて1世紀以上!

亀の子たわし(かんばん) - 使われ続けて1世紀以上!

今でも家庭でよく見かける掃除道具、「たわし」。素材はスポンジやヘチマなど色々ありますが、昔ながらのヤシの繊維を使ったあの茶色い「亀の子たわし」が、ゴル横世代には一番ピンとくることでしょう。


切符 - コレクターズアイテムでもあった

切符 - コレクターズアイテムでもあった

リズミカルにひびく切符切りの音。そうはもう神業と言いたいくらいのスピードでパチパチやってましたっけ。懐かしいですね~。


中将湯(かんばん) - 中将姫伝説から始まった伝統の婦人薬!

中将湯(かんばん) - 中将姫伝説から始まった伝統の婦人薬!

ツムラというと「バスクリン」を真っ先に思い浮かべるのですが、礎を築いたのはコレ。創業以来のロングセラー商品、婦人薬の「中将湯」です。なんたってツムラは「中将湯本舗津村順天堂」としてスタートしたのですから。


D60形蒸気機関車 通称デロクマル

D60形蒸気機関車 通称デロクマル

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はみんな大好き蒸気機関車。デロクマルことD60形をご紹介。


金鳥かとりせんこう(かんばん) - 昭和の大スターもオススメ、日本の夏には!

金鳥かとりせんこう(かんばん) - 昭和の大スターもオススメ、日本の夏には!

かとり線香のCMとくれば、かたやアース製薬の由美かおるさん。そして金鳥はこの方、美空ひばりさん。いずれ譲らぬ昭和の大スターですね~。


最新の投稿


ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングラー(仮面ライダーアマゾン) - 動力源は古代インカ帝国の秘宝「太陽の石」だ!

ジャングルで育った戦士、仮面ライダーアマゾンの愛車「ジャングラー」です。仮面ライダーのよきサポート役である、バイクレーサーの立花 藤兵衛(たちばな とうべえ)の手になるマシンです。


サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel -Bridge Over Troubled Water-1970年

サイモン&ガーファンクル/Simon & Garfunkel -Bridge Over Troubled Water-1970年

ポール・サイモンとアート・ガーファンクルによるフォーク・デュオ。1964年にデビューし、70年の解散後も断続的に活動しています。文学的な歌詞と美しいハーモニーで普遍的な人気を誇り、若い世代にも数多くのファンがいるレジェンドです。


ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

ハイゼット | ダイハツ - 言われてみれば似てる?「ドラえもんハイゼット」とも呼ばれる4代目【旧車】

くりっと丸い2灯ヘッドライトにナンバーやウインカーの位置がまるでドラえもんの鼻とヒゲ!? 「ドラえもんハイゼット」と呼ばれることもある、4代目前期型・S38V型のハイゼットです。


【クルマニアックイズ】108本目

【クルマニアックイズ】108本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオン/Céline Dion - Ave Maria - 1998年

セリーヌ・ディオンはカナダ出身の歌手。若くして歌の才能を認められ、1981年にレコード・デビュー。圧倒的な歌唱力を持ち、97年公開の映画「タイタニック」の主題歌になった「My Heart Will Go On」の世界的大ヒットなどで不動の地位を築きました。


最近話題のキーワード

ゴールデン横丁で話題のキーワード


エンタメ 懐かしの洋楽 1970年代の洋楽 1980年代の洋楽 1990年代の洋楽