べんとう箱 - 冷めてても、なぜか美味しいおべんとう(あ、五七五だ!)

べんとう箱 - 冷めてても、なぜか美味しいおべんとう(あ、五七五だ!)

自分の通っていた公立の小中学校では給食だったので、べんとう箱の出番は遠足や運動会に限られていました。べんとう箱といえばやはりこんなアルミ製のほうが樹脂製のものよりレトロな感じがしますね。


冷めてても、なぜか美味しいおべんとう(あ、五七五だ!)

男子はヒーローや乗り物、女子は少女アニメのキャラクターや動物、花柄なんかが人気だったですかね~?

さすがに高学年にもなると、もうこんなキャラクター入りのべんとう箱は幼稚で恥ずかいから卒業していたと思いますが。

みんな楕円形というか、角が丸くなった形をしています。スペース効率的にはスクエアの方が有利なのにナゼでしょうね?
キャラクターべんとう箱が流行る前には、平べったい直方体の文字通り「箱」型ものが一般的だったような記憶ですが、みなさん覚えていますか?

そうそう!大きな四角いべんとう箱のなかにはこんな小さな入れ物が入れ子になっていて、ご飯とおかずが分離されていたんですよね。おかずから汁が出ても外に漏れないようにパッキンが付いてました。

金色のアルマイト加工が懐かしい!鍋やヤカンもこんな色をしていたっけな~。

取材協力:「昭和レトロ商品博物館」様

関連する投稿


ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

お金をためるモチベーションアップのため、工夫をこらしたさまざまなギミックがありました。これなんかは最たるもの。ガイコツがコインをかっさらっていくアクションは、ホラーというよりはコミックでしたが。


オート三輪

オート三輪

昭和のレトロな旧車や、家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和の記憶に、庶民文化研究所所長・町田忍画伯のイラストで振り返るこのコーナー。今回は戦後復興を支えた元祖・働くクルマ「オート三輪」をご紹介!


ドロップス - 「サクマ」と「サクマ式」は違うんだ!

ドロップス - 「サクマ」と「サクマ式」は違うんだ!

色とりどりの宝石のようなハードキャンディー、ドロップス。缶入りなので何が出てくるかわからないワクワク感。ハッカが出てきたときの落胆といったら!


屋台

屋台

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロなイラストで蘇らせるこのコーナー。今回はかつて、多く見かけた庶民の味。屋台についてご紹介。


カルケット(かんばん) - 大正9年発売の超ロングセラー商品!

カルケット(かんばん) - 大正9年発売の超ロングセラー商品!

右から読むところからも相当古くからある商品ということがわかりますね。おじいちゃん、おばあちゃんの世代から親しまれているビスケットです。


最新の投稿


ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

ガイコツ貯金箱 - ガイコツを供養してお金を貯めよう!

お金をためるモチベーションアップのため、工夫をこらしたさまざまなギミックがありました。これなんかは最たるもの。ガイコツがコインをかっさらっていくアクションは、ホラーというよりはコミックでしたが。


【クルマニアックイズ】144本目

【クルマニアックイズ】144本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


エニグマ/Enigma - Return To Innocence - 1993年

エニグマ/Enigma - Return To Innocence - 1993年

台湾先住民のお爺ちゃんの歌とアンビエントが合体したヒット作。 エニグマはマイケル・クレトゥを中心に、1990年に結成した音楽プロジェクト。民族音楽やグレゴリオ聖歌などの古典音楽とニューエイジ/アンビエントなサウンドを融合した作品で90年代に世界的なヒットを何作も出し、「ヒーリング・ミュージック」と言われる音楽カテゴリを確立。多くのフォロワーを生み出しました。


サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

サバンナRX-7 | マツダ - 唯一無二、ロータリーエンジンのスポーツカー【旧車】

1985年にデビューした2代目FC型のRX-7は、初代のイメージを踏襲しつつもデザインやパッケージングを突き詰め、よりスポーティでかつスタイリッシュになりました。スポーツカーの文法をしっかりと踏まえた、王道をゆくスポーツクーペです。


全裸で読む漫画の可能性~世界初!?の浴室限定連載漫画・セイント☆セントー(後編)~

全裸で読む漫画の可能性~世界初!?の浴室限定連載漫画・セイント☆セントー(後編)~

絵などを描く自由業者・メソポ田宮文明が、銭湯をきっかけに始まったアレやコレやを綴りゆくこのコーナー。今回は、3湯浴室限定の連載漫画『銭湯戦士セイント☆セントー』についての後半戦です。