【昭和レトロ写真館】赤電話 - ダイヤル回して

【昭和レトロ写真館】赤電話 - ダイヤル回して


公衆電話といえば「赤電話」だった時代がありましたね。正式には「委託公衆電話」といって、当時の電電公社が人の多く集まる施設やお店に管理を委託していたものなんですね。10円玉をじゃらじゃら持っていったものでした。今の子どもはダイヤルの使い方なんてわからないんじゃないかな?

レジスターとミシンはおまけ画像です^^

関連する投稿


ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

一目瞭然、ナショナルの電球のかんばんです。なんでも擬人化するイラストはホーローかんばんの18番ですが、この電球さんもなかなか味わいのある表情。帽子をかぶった状態だとかなり微妙な絵になったと思われます。


赤い霊柩車

赤い霊柩車

旧車や、レトロ家電、懐かしい建物…今じゃなかなか出会えない昭和レトロなものたちを、庶民文化研究家・町田忍さんのレトロな筆致で蘇らせるこのコーナー。今回のテーマはあの『赤い霊柩車』。そういえば宮造りな霊柩車自体見かけなくなったなぁ…


ナショナルインキ(かんばん) - 亀といい勝負の寿命か、万年筆!

ナショナルインキ(かんばん) - 亀といい勝負の寿命か、万年筆!

ナショナルはナショナルでも家電ではありません。万年筆のインキ。万年筆ってオトナの筆記用具というイメージでしたね。えんぴつ少年にとっては憧れの対象でした。


マニカラーペンシル - 27色が一本で!夢のような色鉛筆

マニカラーペンシル - 27色が一本で!夢のような色鉛筆

「なんでも入っている」というのは子どもの購買意欲を著しく刺激する要素のひとつですね。万能ナイフしかり、やたらとポケットのついている筆箱しかり。フル装備なのを自慢したくなるんですよね。だいたいどれも実用的にはクエスチョンマークがつくものですが。


電気ホージ茶(かんばん) - 電気+ほうじ茶で想像できるものは?

電気ホージ茶(かんばん) - 電気+ほうじ茶で想像できるものは?

謎めいた看板。なぜに電気?衛生によいとは?だれか、この謎をといてください!!


最新の投稿


カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

カリーナ | トヨタ - マイナーチェンジでさらにスポーティさを増した2代目後期型【旧車】

スタイルチェンジにより、カリーナが標榜していた「スポーツ感覚」がさらに強調された形になり、ファミリーユースにも応えつつ若々しくスポーティさも忘れない、フレッシュなクルマという立ち位置が確立しました。


【クルマニアックイズ】85本目

【クルマニアックイズ】85本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

アメリカ/America - Horse With No Name - 1972年

71年デビューのフォーク・ロック・トリオ。 この曲を収録したアルバムがミリオンセラーになり、グラミーの最優秀新人賞を受賞。


昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

昭和 死語の世界 ~アフターファイブ~

懐かしくてちょっと痛々しい…昭和に咲き誇り、今や死に絶えた言葉を紹介する「死語の世界」。 今回ご紹介する死語は「アフターファイブ」。………定時が5時ってどんなホワイト企業ですか?


ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

ナショナル電球(かんばん) - それは国民ソケットから始まった!

一目瞭然、ナショナルの電球のかんばんです。なんでも擬人化するイラストはホーローかんばんの18番ですが、この電球さんもなかなか味わいのある表情。帽子をかぶった状態だとかなり微妙な絵になったと思われます。