マット・ビアンコ/Matt Bianco - Don't Blame It On That Girl - 1988年

マット・ビアンコ/Matt Bianco - Don't Blame It On That Girl - 1988年

ファンクとラテンが融合したオシャレポップスのヒット作 マット・ビアンコはサルサやサンバなどラテン音楽とファンクを融合させたポップス、"ファンカラティーナ"の中心的なグループ。マーク・ライリーを中心に結成され1984年にデビューし、オシャレな音楽性で独自の人気を集めました。


ダブルA面のシングルは彼らの最も売れた作品に

「Don't Blame It On That Girl」はグロリア・エステファンの夫でプロデューサー、エミリオ・エステファンがプロデュースした、ラテンテイストの洒脱なポップス。同じくダブルA面の曲「Wap-Bam-Boogie」に人気が集まったこともあり、UK11位と彼らにとって最も売れた作品になりました。

YouTube 提供:TopPop

収録アルバム:Indigo

・3枚目のスタジオ・アルバム
・リリース:1988年
・収録曲
1.   "Don't Blame It on That Girl"
2.   "Nervous"
3.   "Slide"
4.   "Say It's Not Too Late"
5.   "Wap Bam Boogie"
6.   "Good Times"
7.   "R&B"
8.   "Hanging On"
9.   "Jack of Clubs"
10. "Indigo"

【関連リンク】

関連する投稿


シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

日本人メンバーも在籍したUKソウル・バンドの全米1位ヒット作。 シンプリー・レッドはミック・ハックネル(Vo)を中心に1985年にデビューしたイギリスのロック・バンド。ポップさを保ちつつもソウルやファンクの要素を取り入れたサウンドで人気を集めました。屋敷豪太(Ds)、鈴木賢司(G)など日本人メンバーが在籍したことも話題になりました。2010年に解散しますが、2015年に再結成しています。


ジェネシス/Genesis - Follow You Follow Me - 1978年

ジェネシス/Genesis - Follow You Follow Me - 1978年

3人が残ったバンドがポップ路線に転換し、最も成功したシングル曲。 ジェネシスは1969年にデビューしたイギリスのロック・バンド。当初はリーダーのピーター・ゲイブリエル(Vo)がバンドを主導し、複雑な構成のプログレッシブ・ロックな曲と演劇的なステージで熱狂的なファンを獲得。ゲイブリエル脱退後、バンドは徐々にシンプルでポップな曲を志向するようになり、セールスを大きく伸ばしました。


ドアーズ/The Doors - Light My Fire(ハートに火をつけて) - 1967年

ドアーズ/The Doors - Light My Fire(ハートに火をつけて) - 1967年

アメリカのロックの夜明けを告げたバンドのデビュー作にして代表曲。 カリスマ・ヴォーカリスト、ジム・モリソンを中心に結成されたサイケデリック・ロック・バンド。モリソンは文学的な歌詞やステージでの圧倒的な存在感、27歳での謎の死もあいまって、一部のファンから神格化されるほどでした。


Elton John - I Guess That's Why They Call It the Blues - 1983年

Elton John - I Guess That's Why They Call It the Blues - 1983年

サングラスをかけてないエルトンの貴重な映像にも注目。 エルトン・ジョンはピアノを弾きながら歌うスタイルで知られる、イギリス出身ののシンガー・ソングライター。1969年にソロ・デビューし、70年の「僕の歌は君の歌」以降、コンスタントにヒット作を出し、全世界で3億枚以上のレコードを売り上げた、最も成功した男性アーティストのひとり。


アイアン・メイデン/Iron Maiden - Can I Play With Madness - 1988年

アイアン・メイデン/Iron Maiden - Can I Play With Madness - 1988年

ポップなメロディと高度なテクが光るヒット作。 アイアン・メイデンは1975年にイギリスで結成されたヘヴィ・メタル・バンド。高度な演奏力とブルース・ディッキンソン(Vo)の声域の広いパワフルな歌声で、80年代のヘヴィ・メタル・ブームを牽引しました。近年の作品はプログレッシヴ・ロックの要素を強めています。


最新の投稿


【クイズ・旧車千本ノック】200本目

【クイズ・旧車千本ノック】200本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「岡田武史 ‐ 古河電工黄金時代を築いたディフェンダー」をお届けします。


カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

カウンタック 25thアニバーサリー | ランボルギーニ - 熟成を究めた最終型【旧車】

ランボルギーニ・カウンタックの最終型、25thアニバーサリーです。キング・オブ・スーパーカーと呼ばれるにふさわしい存在感は時代を経ても色あせません。


シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

シンプリー・レッド/Simply Red - If You Don't Know Me By Now - 1989(1972)年

日本人メンバーも在籍したUKソウル・バンドの全米1位ヒット作。 シンプリー・レッドはミック・ハックネル(Vo)を中心に1985年にデビューしたイギリスのロック・バンド。ポップさを保ちつつもソウルやファンクの要素を取り入れたサウンドで人気を集めました。屋敷豪太(Ds)、鈴木賢司(G)など日本人メンバーが在籍したことも話題になりました。2010年に解散しますが、2015年に再結成しています。


【クイズ・旧車千本ノック】199本目

【クイズ・旧車千本ノック】199本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!