SONY MDR-FM7/TMR-FM7 カタログ

SONY MDR-FM7/TMR-FM7 カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回はヘッドフォンのイメージを変えたソニー、ヘアーのFMラジオ版とトランスミッターのセットのカタログを取り上げます。


装着するにはちょっと恥ずかしかった!? 斬新なワイヤレス・ヘッドフォン

1979年にソニーからウォークマンが発売された時に、付属でついてきたのが小型・軽量のオープンエア型のヘッドフォン初代「H・AIR」だった。それまでは、ヘッドフォンと言うと大きくて重い密閉型が主流だった。「H・AIR」の軽く着けていても気にならない感覚が新鮮だった記憶がある。

その「H・AIR」にFMラジオを付けたのが、今回紹介する「FM H・AIR MDR-FM7」だ。製品自体は、1980年に誕生しているが、当初は単独でFMを聴けるヘッドフォンという製品だった。それが翌年の81年にFMトランスミッター「TMR-FM7」が発売され、既に登場していた「MDR-FM7」とタッグを組んだのが、今回のカタログだ。

このカタログのように、異なる製品を一つの文脈に乗せて提案する形はソニーの得意とするところで、ソニー好きがハマったのも、そんな提案力に魅かれたのもあるかもしれない。それではカタログを見てみよう。

女性が「TMR-FM7」を着けて微笑んでいる表紙は、外国人モデルなのでまだ許せるが、日本人だったらリアルすぎて際どい感覚になった事が想像できる。大変ユニークな製品だったが、デザインが奇抜すぎて、当時屋外で着けている人を僕は見た事がなかった。当時でも、屋外で着けるには少し抵抗があった感じがする。

そしてまず、FMサウンドキャッチャーと呼ばれる「TMR-FM7」だ。ヘッドフォンのL側がラジオ本体、ラジオは当時としては最新のシンセサイザーチューナーでプリセットが可能なラジオだ。R側が電池ボックスになっていて、単四×3本で稼働する。電源は装着時にオンになり、外すとオフになるオートオフ機構もついていて親切な設計だ。

反対側のページには、サウンドピッチャーと名乗るトランスミッター「TMR-FM7」だ。こちらはFMヘアー専用と言う訳ではないが、FMヘアーとペアで使う時の「未来派サウンドプレイ」の楽しさが表現されている。

とはいえ、部屋の中ではヘッドフォンで聴くよりもスピーカーで音を出した方が、もっとリスニングポジションは自由になると思うのは筆者だけか。

カタログ裏面は、トランスミッター「TMR-FM7」と組み合わせするとより楽しめる、ソニー製品のラインナップの紹介だ。基本オーディオや映像関係機器であれば、社内はもとより他社の製品とも組み合わせる事が可能で用途は無限大だ。ウォークマンIIを筆頭にラジカセはエナジー99など、当時の主力商品がピックアップされている。

最後は見開きページを繋いだ写真になる。FMトランスミッター自体は、かなり以前からあった製品だが、ワイヤレス・ヘッドフォンと組み合わせて使用する提案は、当時としては斬新だったと思う。ちなみに「FM H・AIR MDR-FM7」は、発売から2年後の1983年頃にはカタログから消えている。発想は面白かったが、若干奇抜すぎたのかもしれない。

出典: ソニー株式会社  MDR-FM7/TMR-FM7 カタログ (1981年)

ゴールデン横丁の仲間たち | 松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

関連する投稿


ゾフィー - ウルトラマンよ光の国へ帰ろう

ゾフィー - ウルトラマンよ光の国へ帰ろう

ウルトラ兄弟の長兄であり、宇宙警備隊の隊長をつとめるゾフィー。無敵だったウルトラマンがとうとう倒されてしまったその日、はじめて地球に現れました。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

仮面ライダーは永遠のヒーロー!進化する仮面ライダーの愛機たち

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集も仮面ライダー×バイク!今回は昭和末期から平成初頭にかけてのライダーとその愛機を紹介しよう!


勇者ライディーン - 変形するギミックがうれしい!

勇者ライディーン - 変形するギミックがうれしい!

マジンガーZがブームを開いたいわゆる「スーパー・ロボットもの」のひとつで、グレートマジンガーやゲッターロボGとほぼ同時期にテレビ放映されました。


アカレンジャー - 隊長だけに許された専用マシーン

アカレンジャー - 隊長だけに許された専用マシーン

現在まで続く超ロングラン番組、スーパー戦隊シリーズの原点『秘密戦隊ゴレンジャー』。隊長カラー「赤」も駅伝のタスキのごとく受け継がれています。


仮面ライダーは永遠のヒーロー!ライダー×愛車の組み合わせにメロメロ

仮面ライダーは永遠のヒーロー!ライダー×愛車の組み合わせにメロメロ

Dr.近藤のコレクションから昔懐かしい特撮・アニメのヒーローたちを紹介する『特撮・アニメヒーロー図鑑』。今回の特集は、「仮面ライダー」!伝説となった1号からRXまで、ライダーだけでなく、その愛車との組み合わせをお楽しみいただきたい!


最新の投稿


【クルマニアックイズ】557本目

【クルマニアックイズ】557本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!


【クルマニアックイズ】556本目

【クルマニアックイズ】556本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

うなぎとうさぎと昭和レトロも楽しめる! 浦和レッズの街で熱き炎『鹿島湯』さん <前編>

日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)・浦和レッズの本拠地で日々“熱闘中”の銭湯さんがあります。2017年に「ホームなのにアウェイ。」「“浦和”にあるのに“鹿島”。」というキャッチコピーで大きな話題となったことでも知られる『鹿島湯』さんです。


【クルマニアックイズ】555本目

【クルマニアックイズ】555本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


【クルマニアックイズ】554本目

【クルマニアックイズ】554本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!