ジュエルトーン オーディオ プロダクツ カタログ

ジュエルトーン オーディオ プロダクツ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回はカセットテープを自由に操るための強いパートナーのカタログを取り上げます。


ナガオカといえばレコード針が有名だったがカセットテープのためのツールも最強だった。

オーディオの全盛だった70年から80年代。アナログからデジタルに向けての過渡期でもあり、オーディオアクセサリーは、実に数多く発売されていた。

この時代は100円ショップもなく、安かろう悪かろう的な製品は意外と少なかったと思っている。当時の秋葉原には、テープの格安店や九十九電機のように自社のオリジナル製品を比較的安価で売っているお店もあった。ノープランドでもメイドインジャパンなので、製品としてはしっかりしていたと思う。

そして、テープの専門店にはあらゆる種類の膨大なテープが所狭しと販売されていた。オープンリールの山積みの横にはカセットテープのクローム、メタルなど各メーカーのハイクラスの商品が並んでいた。その傍らにはノーブランドのカセットなども多数あり、自由にチョイスできた。当時の秋葉原は本当に楽しい街だった。

そんなオーディオが華やかだった時代には、当然ながらそれらのアクセサリーも多く存在し、筆者の年代層を楽しませてくれた。
今回はオーディオアクセサリーの中では最大手のナガオカのカタログから当時を振り返ってみよう。

とてもシンプルな表紙だが、アフリカの草原が音楽創造の起源的なイメージを表したものだろうか。ジュエルトーンはナガオカのオーディオ機器全般の呼称だが、当初はハイブランド向けだった。

今回は表紙に関してはさっと流して内容を見てみよう。

ページを開けるとまず出てくるのが、ナガオカのオリジナルカセットテープ2種だ。とてもシンプルにノーマルのC-46とC-60の2種類がラインナップされている。録音時間を選ぶ側からすると、この2種類だけでは少ないと思ってしまう。

このページからカセットテープアクセサリーのページが始まる。カセットテープはそのまま使うのも良いのだが、音を編集するように自分自身でカセットテープ自体をオリジナルに仕上げられるメディアだ。そこにこそレコードにはない、カセットテープ独特の感覚が存在したと思っている。

続いては今でも馴染み深い、クリーニングカセットテープやそのキットだ。

初めて知った電動式のヘッドクリーニングキット。感じとしては電動歯ブラシ的なものだが、これはあったら今でも欲しい。その下に掲載されているカセットテープを巻くリワインダーは、筆者も現在何個か所有している。CT-406はカセットをホールドして巻き戻すことができ、手動だがいい感じに巻き取れる。もちろん電動式もありカセットテープ自体の消磁をするイレーサーも重宝した。

次のページは今でも絶対欲しいカードメーキングキット。インデックスを好みの物に変えるのは、当時一番の楽しみだった。FM誌にもよく付録で付いてきたり、カセットテープを購入すると貰えたりした。

テープ収納ケースについては、こんなにいいものは持っていなかったが、タバコのパッケージ柄のケースは当時幾つか使っていた。PC-505になるとカセットアルパム的に収納可能で、当時はこんなものがあるのは知らなかった。

最後のページはテープ編集の味方、テープスプライシングキット。カセットテープの編集はもとより補修にも大活躍したアクセサリーだ。振り返るとアナログメディア特有の楽しさは、これらのアクセサリーにより自分のスタイルで音楽を身近に感じることができた事だと思っている。
 
出典: 株式会社ナガオカ オーディオ プロダクツ カタログ  (1981年)

ゴールデン横丁の仲間たち | 松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

関連する投稿


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


スパーカー(勇者ライディーン) - スーパーカー?いいえ、スパーカー!

スパーカー(勇者ライディーン) - スーパーカー?いいえ、スパーカー!

ムーの血筋をひくひびき洸(あきら)が操縦する巨大ロボット、ライディーン。洸はこのバイクをジャンプさせてライディーンに「フェード・イン!」。通学にもこのバイクを使っていたようですが、中学生なのにいいのかな~?


「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

「自動照明顕微鏡」…暗い部屋でも観察ができる

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「自動照明顕微鏡」。自動照明付きがポイントです。


ナショナルパナソニックラジオ タイミィデジタル  カタログ

ナショナルパナソニックラジオ タイミィデジタル  カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は大阪万博が翌年に迫った1969年のナショナル・クロックラジオのカタログを取り上げます。


バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

バルタン星人 - 地球の未来を暗示していたのか?

ウルトラシリーズに登場した怪獣のなかではトップクラスの知名度を誇るであろうバルタン星人。「フォッフォッフォ・・」という不気味な笑い声がもれなくついてきます。


最新の投稿


ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョン・レノン&オノ・ヨーコ - Happy Xmas (War Is Over) - 1971年

ジョンが愛と平和を願って書いた不朽のクリスマス・ソング。 1970年のビートルズ解散後、ジョンは妻のオノ・ヨーコとともにプラスティック・オノ・バンドでの音楽活動の傍ら、平和を求める活動に参加しました。


MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

MR9550 | サンヨー - 知る人ぞ知る、音の良さではトップレベル

三洋「REC(レック)」シリーズのステレオラジカセ。外観からはあまり特徴のないラジカセに思えますが、実は音質が抜群に良いという評判のラジカセです。隠れた名機と言えましょう。


デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

デュアルステレオ アンド ハイフィデリティ カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は1972年のドイツ、デュアル社のオーディオ製品のカタログを取り上げます。


カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

カローラ・バン | トヨタ - カローラ人気を確実なものにした3代目【旧車】

トヨタの大衆車カローラの3代目、バンタイプです。先代より品質を向上させ、カローラ人気を盤石なものにしました。


ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

ホイットニー・ヒューストン/Whitney Houston - All At Once - 1985年

「強力で鋭いポップ・ゴスペル」と謳われた力強い歌声で、1985年のデビューから90年代にかけてR&Bシーンに君臨した歌姫、ホイットニー・ヒューストン。7曲連続で全米シングルチャート1位の記録を打ち立て、累計セールスはアルバム1億4,000万枚以上、シングル5,000万枚以上となるほど圧倒的な人気を集めました。2012年の早逝が悔やまれます。