ビクターテレビ (AUDIO/VIDEO/INNOVATOR) カタログ

ビクターテレビ (AUDIO/VIDEO/INNOVATOR) カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は70年代のスペースエイジを表現したビクターのテレビカタログを取り上げます。


ビクターはフリフリQでテレビにポップな世界観を創り出した。

家電の中ではラジカセに続き、何かとユニークな製品が多く存在するテレビ。筆者が持っているテレビのカタログも数多く所蔵していて、テレビのカタログだけで本が一冊できそうな感じだ。

でも、テレビはやはり現物を所蔵している方が好きで、ファクトリー(筆者の仕事場をこう呼ぶ)にも小型のテレビを中心に何十台かが保管されている。ほぼブラウン管テレビのため、多くの場所を占領しているが、以前紹介したピエドラなど実物を見ている方が楽しいのだ。

筆者のブラウン管テレビの楽しみ方は、ビデオやDVDをビデオトランスミッターという装置でUHF電波に変換して、昔のテレビで受信する方法だ。UHFが受信できるテレビであれば、結構簡単に見ることができる。もう一つの方法はRFコンバーターを使う方法で、有線接続になるがこちらも有効だ。

さて今回紹介するカタログは、1971年頃に発刊されたビクターの白黒テレビのカタログ。何と言っても今でも色褪せない、フリフリQが掲載された総合カタログだ。フリフリQは単品カタログもあるが、この時代を俯瞰するには総合カタログが良いと思い、紹介する。

いきなりカラフルポップな装いの外国人女性とフリフリQ。この年代のビクターのカタログは上部の黒帯にタイトルがあるレイアウトで、表紙のシンプルさがとても時代を感じさせてくれます。

それにしてもフリフリQは映像が出ていないと、昭和の時代の宇宙飛行士のヘルメットを彷彿させてくれます。

さて中はどうなっているだろう。開くと飛び込んでくるのは、赤色のフリフリQが佇むポップでモダンなインテリア。壁の木目が時代を感じるがテーブル、椅子、スタンドライト、カレンダー、マガジンラックと、どれをとってもおしゃれでナイスな空間だ。

そしてフリフリQが製品紹介のトップを飾る。9インチと小型なので移動も楽だと思うし、ポータブルテレビとして活用されていたと思っている。カラーは3色でどの色も良い感じだ。

ちなみにフリフリQは置いて見るのがスタンダードな使い方だが、チェーンを使って天井から下げて使うことも出来た。まさにその状態こそ、フリフリなのだ。

続いて登場するのは、当時の小型テレビのラインナップだ。オーソドックスな14インチのテレビももちろんあるが、12インチの12T-41NはフリフリQとは全く別のおしゃれなテレビだ。イタリアのヴリオンヴェガにも負けないカッコ良さを感じる。さらに、テレビを置いた空間の背景もイメージを彷彿させている。

次のページは、ブラックボディの12インチのテレビ2台だ。12T-32は3色のボディカラーがあり、ライトイエローが気になる。もう一台は、少し前のデザインで数年でデザインが進化していく様子が一つのカタログから分かる。

最後のページは、おきまりのスペック表になっている。
気になったのは、ちょっとしたキャプション「Nowな感覚のボディに包まれたキャビネット内部は、ごきげんなハードメカの数々で装備されています」。
ビクターの小型テレビはおしゃれ派のためのテレビなのだ。
 
出典: 日本ビクター株式会社 テレビ カタログ  (1971年/推定)

ゴールデン横丁の仲間たち | 松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

関連する投稿


ビジンダー - 水爆をビルトインしていた最強ヒロイン!

ビジンダー - 水爆をビルトインしていた最強ヒロイン!

ヒーローものは、メインキャラではなくサブキャラに異常な愛着を感じるファンがつくことがあります。キカイダーシリーズならハカイダーがそうでしょう。そしてビジンダーも。たぶん志穂美悦子さんの魅力のせいでしょうね。


オノ・リキ(氷河戦士ガイスラッガー) - ストーリーもシビアだけど視聴率もシビアだった・・

オノ・リキ(氷河戦士ガイスラッガー) - ストーリーもシビアだけど視聴率もシビアだった・・

石ノ森章太郎原作のアニメ『氷河戦士ガイスラッガー』に登場したキャラクターのひとり、オノ・リキです。有名な『サイボーグ009』のリメイク的要素も入っていた、らしいのですが・・この作品のことはまったく知りませんでした。


クローバーキング(ジャッカー電撃隊) - 三度のメシより好きな物、それは?

クローバーキング(ジャッカー電撃隊) - 三度のメシより好きな物、それは?

『秘密戦隊 ゴレンジャー』に始まり、脈々と現代まで続くスーパー戦隊シリーズの第二弾、それが『ジャッカー電撃隊』でした。戦隊物の隊長は赤色と相場がきまっており、グリーンはブルーと並んで飛車・角といったところでしょうか。


スーパーロボット マッハバロン - バロンつながりだけど、実は関係ないんです私たち

スーパーロボット マッハバロン - バロンつながりだけど、実は関係ないんです私たち

全身赤スーツでずんぐり体形だったレッドバロンの後釜、スーパーバロンです。先代にくらべてかなりシェイプアップされましたね。ライ○ップにでも通っていたのかな?


ライダーマン - デストロンの良心だった科学者はライダー4号になった!

ライダーマン - デストロンの良心だった科学者はライダー4号になった!

サブキャラ的な位置づけのヒーローを紹介します。その名は「ライダーマン」。仮面ライダーV3に初登場したキャラクターで、人間の顔が半分露出しているところが名前の由来。仮面ライダーとヒューマンのハイブリッドといえましょうか。


最新の投稿


【クルマニアックイズ】57本目

【クルマニアックイズ】57本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーンはアメリカ・ニュージャージー州出身のシンガー・ソング・ライター。1973年にデビューし、アメリカの庶民や労働者の声を代弁する政治的な歌詞とストレートなロックンロール・サウンドで人気を集めた、アメリカの国民的シンガーです。


ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

ダットサン・ブルーバード | 日産 - 疾走するタクシーは憧れの存在だった【旧車】

日産がイギリス車のライセンス生産を通じて製造ノウハウを身につけ、その集大成として国内でデザインから開発まで行ったのが初代310型系の「ダットサン・ブルーバード」です。


【クルマニアックイズ】56本目

【クルマニアックイズ】56本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

セリカ1600GT | トヨタ - ダルマと呼ばれた初代セリカのホットバージョン【旧車】

通称「ワンテール」と呼ばれる初期モデルは、テールランプとウインカーが共通になっているタイプでアメリカンマッスルカーのようなイメージが強く人気が高いです。