ナショナル BCL (Broadcasting Listeners) カタログ

ナショナル BCL (Broadcasting Listeners) カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回はBCLという分野を確立したナショナルのBCLラジオを取り上げます。


ナショナルは直読で世界を聴くラジオという分野を確立させた。

今まで、BCL(Broadcasting Listeners)ラジオのカタログを何回か紹介してきたが、そもそもBCLという言葉はいつどこで生まれたのだろうか。私は70年代半ばに愛読していた「ラジオの製作」という雑誌で、短波放送を聴くことをBCLと紹介していて知った記憶がある。

ちなみに72年頃の短波が受信できるラジオのカタログには、電波ハンティングという言葉が登場していた。この辺りからBCLの兆しが感じられる。

ナショナルのBCLラジオは筆者にとっても懐かしさがあり、初めて親に買ってもらったラジオが、クーガ115という短波放送がフルバンド受信できるBCLラジオだった。このラジオは周波数の直読は出なかったが、ベリカードと呼ばれる世界の放送局からのカードを沢山集めることができた。さらにクーガ115は、AM放送も上部のジャイロアンテナをクルクル回して、北海道や九州などの放送局の受信にも大活躍したラジオだった。

今回はそんな思い出が沢山詰まった、ナショナルのBCLラジオの総合カタログを見てみよう。

1978年といえばBCLブームもやや落ち着いた頃で、BCLたちが2台目、3台目を考えていた頃の製品が掲載されたカタログだ。表紙はそのためラジオはどれも高性能化しており、暗闇に光るメカニカルなリグ(受信機を総称してこう呼ぶ)はメチャクチャカッコ良い。当時のBCLたちは、こんなシャック(受信機が置いてある部屋)に憧れていたに違いない。

では、中を開いてみよう。カタログが出た当時の最新モデルのRF-2600を筆頭に、上位機種4種がずらっと並んだ姿は実に壮観な眺めだ。上部にはナショナルのBCLラジオのコマーシャルに登場していたヨゼフ・ナジ氏とラルス・ライデン氏はマニアにとっては憧れの存在だった方々。

そして、FEBC、BBC、VOA、Radio Australiaと、お馴染みの放送局のイメージ写真が並び、異国情緒を演出している。BCLならこのページだけでお腹がいっぱいになってしまう。

さらに開くと4ページに渡って、最新順に掲載している。

まずはRF-2600だ。当時はこのブルーに輝くデジタル周波数カウンターがカッコ良く憧れたものである。

さらにRF-2600はFM、AMも直読できるカウンターが特徴で、クーガ115の後RF-2800を買った筆者としては悔しい思い出がある。

続いて登場するのはナショナルで初めてのデジタルで直読可能のRF-2800だ。このRF-2800よりクーガからプロシードに名称が変更された記念の機種だ。両側のガードアームがハードなイメージで、メカニカルなインターフェィスとともに今でも魅力の一台だ。

次のページはプロシードシリーズの最高峰RJX-4800が上に、そしてその下にクーガーで周波数が初めて直読可能になった名機、RF-2200が掲載されている。

RJX-4800はプロシードの名称はついているが、価格的にはアマチュア無線のRJXシリーズのカテゴリーに入ると思われる高級受信機だ。流石に憧れただけだった機種だ。RF-2200は直ダイ・メカの宣伝効果で当時圧倒的な人気のあった機種だ。

さらに次のページでは、RF-2200の弟分のRF-1010とちょっと古いMAC-BCLのRQ-585も載っている。RF-1010は直読はできないが、2200のデザインを継承し、短波を気軽に聞けた機種だった。
ナショナルの中では短波が録音できた機種は意外と少なく、その代表的なものがRQ-585だった。

最後のページは先ほども紹介したが、シャックを作る提案のページだ。RF-2200を中心に台や時計、照明器具などアクセサリーパーツを組み合わせたシャックは、クーガ2200を買った人なら一度は憧れたはずだ。今となっては、BCLラジオ本体よりもこちらのアクセサリーを探している人も多いと聞いている。
 
出典: 松下電器産業株式会社 BCL カタログ  (1978年)

ゴールデン横丁の仲間たち | 松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

関連する投稿


ビジンダー - 水爆をビルトインしていた最強ヒロイン!

ビジンダー - 水爆をビルトインしていた最強ヒロイン!

ヒーローものは、メインキャラではなくサブキャラに異常な愛着を感じるファンがつくことがあります。キカイダーシリーズならハカイダーがそうでしょう。そしてビジンダーも。たぶん志穂美悦子さんの魅力のせいでしょうね。


オノ・リキ(氷河戦士ガイスラッガー) - ストーリーもシビアだけど視聴率もシビアだった・・

オノ・リキ(氷河戦士ガイスラッガー) - ストーリーもシビアだけど視聴率もシビアだった・・

石ノ森章太郎原作のアニメ『氷河戦士ガイスラッガー』に登場したキャラクターのひとり、オノ・リキです。有名な『サイボーグ009』のリメイク的要素も入っていた、らしいのですが・・この作品のことはまったく知りませんでした。


クローバーキング(ジャッカー電撃隊) - 三度のメシより好きな物、それは?

クローバーキング(ジャッカー電撃隊) - 三度のメシより好きな物、それは?

『秘密戦隊 ゴレンジャー』に始まり、脈々と現代まで続くスーパー戦隊シリーズの第二弾、それが『ジャッカー電撃隊』でした。戦隊物の隊長は赤色と相場がきまっており、グリーンはブルーと並んで飛車・角といったところでしょうか。


スーパーロボット マッハバロン - バロンつながりだけど、実は関係ないんです私たち

スーパーロボット マッハバロン - バロンつながりだけど、実は関係ないんです私たち

全身赤スーツでずんぐり体形だったレッドバロンの後釜、スーパーバロンです。先代にくらべてかなりシェイプアップされましたね。ライ○ップにでも通っていたのかな?


ライダーマン - デストロンの良心だった科学者はライダー4号になった!

ライダーマン - デストロンの良心だった科学者はライダー4号になった!

サブキャラ的な位置づけのヒーローを紹介します。その名は「ライダーマン」。仮面ライダーV3に初登場したキャラクターで、人間の顔が半分露出しているところが名前の由来。仮面ライダーとヒューマンのハイブリッドといえましょうか。


最新の投稿


ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサンフェアレディ2000 | 日産 - 淑女と言いつつも豪快でワイルドな乗り味【旧車】

ダットサン・フェアレディ2000は発表翌年の1968年、過酷で知られる「モンテカルロ・ラリー」でいきなり3位の好成績を収め、年間1万台以上を販売する人気車となりました。


【クルマニアックイズ】58本目

【クルマニアックイズ】58本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

ジョン・パー/John Parr - St. Elmo's Fire (Man In Motion) - 1985年

イギリス出身。映画『セント・エルモス・ファイアー』のテーマ曲で全米1位を獲得しました。


【クルマニアックイズ】57本目

【クルマニアックイズ】57本目

あなたの車愛を試すガチンコ三択クイズ!今すぐチャレンジ!


ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーン/Bruce Springsteen - Hungry Heart - 1980年

ブルース・スプリングスティーンはアメリカ・ニュージャージー州出身のシンガー・ソング・ライター。1973年にデビューし、アメリカの庶民や労働者の声を代弁する政治的な歌詞とストレートなロックンロール・サウンドで人気を集めた、アメリカの国民的シンガーです。