ナショナル BCL (Broadcasting Listeners) カタログ

ナショナル BCL (Broadcasting Listeners) カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回はBCLという分野を確立したナショナルのBCLラジオを取り上げます。


ナショナルは直読で世界を聴くラジオという分野を確立させた。

今まで、BCL(Broadcasting Listeners)ラジオのカタログを何回か紹介してきたが、そもそもBCLという言葉はいつどこで生まれたのだろうか。私は70年代半ばに愛読していた「ラジオの製作」という雑誌で、短波放送を聴くことをBCLと紹介していて知った記憶がある。

ちなみに72年頃の短波が受信できるラジオのカタログには、電波ハンティングという言葉が登場していた。この辺りからBCLの兆しが感じられる。

ナショナルのBCLラジオは筆者にとっても懐かしさがあり、初めて親に買ってもらったラジオが、クーガ115という短波放送がフルバンド受信できるBCLラジオだった。このラジオは周波数の直読は出なかったが、ベリカードと呼ばれる世界の放送局からのカードを沢山集めることができた。さらにクーガ115は、AM放送も上部のジャイロアンテナをクルクル回して、北海道や九州などの放送局の受信にも大活躍したラジオだった。

今回はそんな思い出が沢山詰まった、ナショナルのBCLラジオの総合カタログを見てみよう。

1978年といえばBCLブームもやや落ち着いた頃で、BCLたちが2台目、3台目を考えていた頃の製品が掲載されたカタログだ。表紙はそのためラジオはどれも高性能化しており、暗闇に光るメカニカルなリグ(受信機を総称してこう呼ぶ)はメチャクチャカッコ良い。当時のBCLたちは、こんなシャック(受信機が置いてある部屋)に憧れていたに違いない。

では、中を開いてみよう。カタログが出た当時の最新モデルのRF-2600を筆頭に、上位機種4種がずらっと並んだ姿は実に壮観な眺めだ。上部にはナショナルのBCLラジオのコマーシャルに登場していたヨゼフ・ナジ氏とラルス・ライデン氏はマニアにとっては憧れの存在だった方々。

そして、FEBC、BBC、VOA、Radio Australiaと、お馴染みの放送局のイメージ写真が並び、異国情緒を演出している。BCLならこのページだけでお腹がいっぱいになってしまう。

さらに開くと4ページに渡って、最新順に掲載している。

まずはRF-2600だ。当時はこのブルーに輝くデジタル周波数カウンターがカッコ良く憧れたものである。

さらにRF-2600はFM、AMも直読できるカウンターが特徴で、クーガ115の後RF-2800を買った筆者としては悔しい思い出がある。

続いて登場するのはナショナルで初めてのデジタルで直読可能のRF-2800だ。このRF-2800よりクーガからプロシードに名称が変更された記念の機種だ。両側のガードアームがハードなイメージで、メカニカルなインターフェィスとともに今でも魅力の一台だ。

次のページはプロシードシリーズの最高峰RJX-4800が上に、そしてその下にクーガーで周波数が初めて直読可能になった名機、RF-2200が掲載されている。

RJX-4800はプロシードの名称はついているが、価格的にはアマチュア無線のRJXシリーズのカテゴリーに入ると思われる高級受信機だ。流石に憧れただけだった機種だ。RF-2200は直ダイ・メカの宣伝効果で当時圧倒的な人気のあった機種だ。

さらに次のページでは、RF-2200の弟分のRF-1010とちょっと古いMAC-BCLのRQ-585も載っている。RF-1010は直読はできないが、2200のデザインを継承し、短波を気軽に聞けた機種だった。
ナショナルの中では短波が録音できた機種は意外と少なく、その代表的なものがRQ-585だった。

最後のページは先ほども紹介したが、シャックを作る提案のページだ。RF-2200を中心に台や時計、照明器具などアクセサリーパーツを組み合わせたシャックは、クーガ2200を買った人なら一度は憧れたはずだ。今となっては、BCLラジオ本体よりもこちらのアクセサリーを探している人も多いと聞いている。
 
出典: 松下電器産業株式会社 BCL カタログ  (1978年)

ゴールデン横丁の仲間たち | 松崎 順一(まつざき じゅんいち)

https://goldenyokocho.jp/articles/676

家電蒐集家・デザインアンダーグラウンド工場長。1960年生まれ。インハウスデザイナーを経て2003年よりデザインアンダーグラウンドを設立し活動を開始。近代家電製品の蒐集・整備・カスタマイズ等を手掛ける。近年は特にデジタル世代へのメイド・イン・ジャパン家電の持つ魅力をカルチャーとして伝える活動をイベント、執筆等、広範囲に展開中。

関連する投稿


「ヘヤードライヤー セビリアL」…いろんな使い方を提案

「ヘヤードライヤー セビリアL」…いろんな使い方を提案

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「ヘヤードライヤー セビリアL」。ちょっと変わった形をしていますね。


ビクターテレビ (AUDIO/VIDEO/INNOVATOR) カタログ

ビクターテレビ (AUDIO/VIDEO/INNOVATOR) カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は70年代のスペースエイジを表現したビクターのテレビカタログを取り上げます。


アステカイザー/マッハビート号 - アントニオ猪木も登場したSFプロレス活劇!

アステカイザー/マッハビート号 - アントニオ猪木も登場したSFプロレス活劇!

テレビ番組名は『プロレスの星 アステカイザー』。文字通りプロレスが舞台となる特撮アクションでした。一見すると変身ヒーローのようですが、特殊樹脂でできたファイティングスーツをまとった生身の人間です。


一連式トースター | 大形のイギリスパンでもそのまま焼ける

一連式トースター | 大形のイギリスパンでもそのまま焼ける

昭和レトロ家電蒐集家の増田健一さんが貴重なコレクションを紹介するコーナーです。今回取り上げるのは「一連式トースター」。食パンが焼けると飛び出すやつですね。


エプソン テレビアン カタログ

エプソン テレビアン カタログ

家電蒐集家松崎順一さんが考古学的アプローチで昭和時代の様々なカタログを読み解くコーナー。今回は、つくば博の開催で盛り上がった1985年に登場したエプソンのポータブル液晶テレビ「テレビアン」のカタログを取り上げます。


最新の投稿


昭和レトロ食堂 │ ロボットに囲まれて酒を呑む ROBOT KICHI

昭和レトロ食堂 │ ロボットに囲まれて酒を呑む ROBOT KICHI

昭和の残滓を感じさせる大衆酒場やスナックは、令和の時代になってもまだまだあるもの。そんな昭和レトロなお店を訪問してみた。今回訪れたのは養老乃瀧が運営する「ROBOT KICHI」。およそ昭和感のない店名ではあるが、果たして?


アントニオ猪木が天龍源一郎を眠らせた夜

アントニオ猪木が天龍源一郎を眠らせた夜

スポーツフォトグラファー原悦生さんが蔵出しの写真と切れ味鋭いコラムでレスラーたちの汗と涙と熱狂の記憶を呼び覚まします。今回は「アントニオ猪木が天龍源一郎を眠らせた夜」をお届けします。


【クイズ・旧車千本ノック】220本目

【クイズ・旧車千本ノック】220本目

実車のディテールに迫る。三択クイズにチャレンジ!


スウィング・アウト・シスター/Swing Out Sister - You On My Mind - 1989年

スウィング・アウト・シスター/Swing Out Sister - You On My Mind - 1989年

アンディ・コーネル(key)と、コリーン・ドリュリー(vo)のデュオ。スウィング・アウト・シスターは1984年にイギリスで結成され、当初はトリオでしたが、この「You On My Mind」を含む2枚目のアルバム「Kaleidoscope World」制作中にオリジナル・メンバーのドラマーが脱退し、現在の体制に。


平木隆三 ‐ メキシコ五輪銅メダルの名参謀はやさしい鬼軍曹

平木隆三 ‐ メキシコ五輪銅メダルの名参謀はやさしい鬼軍曹

ファインダー越しにサッカー界を見つめてきたプロカメラマン今井恭司さんの蔵出し写真と暖かいコラム。今回は「平木隆三 ‐ メキシコ五輪銅メダルの名参謀はやさしい鬼軍曹」をお届けします。