最新の投稿


シネイド・オコナー/Sinéad O'Connor - Nothing Compares 2U - 1990年

シネイド・オコナー/Sinéad O'Connor - Nothing Compares 2U - 1990年

スキンヘッドと過激な言動で話題をさらった歌姫の代表作。 シネイド・オコナーはアイルランド出身のシンガー・ソングライター。1987年に20才でデビューすると、印象的なビジュアルと表現力豊かな歌で人気を集め、アイルランドを代表するミュージシャンに。現在もカリスマ的な人気を誇ります。


ペット・ショップ・ボーイズ  - What Have I Done To Deserve This - 1987年

ペット・ショップ・ボーイズ - What Have I Done To Deserve This - 1987年

世代とジャンルを越えたコラボが大成功したポップ・チューン。ペット・ショップ・ボーイズは1984年にデビューしたニール・テナント(vo)とクリス・ロウ(key)によるイギリスのエレクトロニック・ミュージック・デュオ。5000万枚以上のレコード売上を誇る、UK屈指のビッグ・ネームです。


イーグルス/Eagles - I Can't Tell You Why(言い出せなくて) - 1980年

イーグルス/Eagles - I Can't Tell You Why(言い出せなくて) - 1980年

新メンバーがリード・ヴォーカルをとった最後のヒット作。 イーグルスはリンダ・ロンシュタットのバックバンドだったドン・ヘンリー(Vo,Ds)、グレン・フライ(Vo,G,Key)らが結成し、1971年にデビューしたアメリカのロック・バンド。メンバー全員が高い歌唱力を持ち、ハーモニーの美しさに定評がありました。当初はカントリー・ロック色が濃い、アコースティックなサウンドでしたが、徐々にロック色が強まり、アメリカで爆発的な人気を集めました。


プリンス/Prince - Kiss - 1986年

プリンス/Prince - Kiss - 1986年

プリンスがこの世を去ってから2年が経ちました。1978年にデビュー。それまでの黒人ミュージシャンとは一線を画したポップな楽曲とファンキーなヴォーカル、何でも演奏してしまう才能で圧倒的な人気を誇り、80年代にマイケル・ジャクソンと人気を二分しました。


ヴァン・ヘイレン/Van Halen - Panama - 1984年

ヴァン・ヘイレン/Van Halen - Panama - 1984年

バンド絶好調期のヒット作。ヴァン・ヘイレンはエドワード・ヴァン・ヘイレン(G)を中心に結成され、1972年にデビューしたアメリカのハード・ロック・バンド。アメリカンらしい、明るくカラッとした楽曲とエディのギター・ヒーローっぷりで人気を集めました。2007年にロックの殿堂入り。現在も活動中。


アール.イー.エム/R.E.M. - Shiny Happy People - 1991年

アール.イー.エム/R.E.M. - Shiny Happy People - 1991年

バンドで唯一英米両国でTop10入りした明るい作品。 R.E.M.は1980年にマイケル・スタイプ(vo)など4人のメンバーで結成されたアメリカのオルタナティヴ・ロック・バンド。早くからUSカレッジ・チャートの雄として頭角を現、文学的な歌詞と独創性の高い楽曲に、マンドリンやアコーディオン等のトラディショナルな楽器を取り入れて音楽性を深化させ、91年の「Out of Time」92年の「Automatic For The People」を4×プラチナ・アルバムにするなど商業的にも成功を収めました。


シーナ・イーストン/Sheena Easton - Modern Girl - 1980年

シーナ・イーストン/Sheena Easton - Modern Girl - 1980年

日本でもヒットしたデビュー曲。シーナ・イーストンはスコットランド出身の歌手。1980年にこの「Modern Girl」デビューし、続く「9 to 5(Morning Train)」がUK3位、US1位と大ヒットし、80年代をする歌姫に。その後もヒット作をコンスタントに出しました。


グロリア&マイアミ・サウンド・マシーン - 1-2-3 - 1987年

グロリア&マイアミ・サウンド・マシーン - 1-2-3 - 1987年

800万枚を売り上げたベストセラーからの最後のカット。キューバで生まれ、マイアミで育った歌手・グロリア・エステファンと、その夫・エミリオが率いるラテン・ポップ・グループ。グロリアが75年にバンドに加入すると人気が上昇し、80年代以降に多くのヒット曲を生み出しました。


オリビア・ニュートン・ジョン - Have You Ever Been Mellow - 1975年

オリビア・ニュートン・ジョン - Have You Ever Been Mellow - 1975年

きっと聴いたことがある優しいメロディ。オリビア・ニュートン・ジョンはオーストラリア出身の歌手・女優。1966年にデビューし、70年代に「カントリー・ロード」「愛の告白」などカントリー・ロックやAOR系のソフトなアレンジのヒット作を発表しました。81年にはディスコを取り込んだアップテンポなナンバー「Physical」をビルボード10週連続1位、82年度の年間チャート1位と大ヒットさせました。


エルヴィス・プレスリー/Elvis Presley - Jailhouse Rock(監獄ロック) - 1957年

エルヴィス・プレスリー/Elvis Presley - Jailhouse Rock(監獄ロック) - 1957年

アメリカで7週連続1位となったキングの代表作のひとつ。エルヴィス・プレスリーは黒人音楽のリズム・アンド・ブルースと白人の音楽のカントリー・アンド・ウェスタンを融合させた、ロックンロールの創始者の一人。50年代にデビューすると、またたく間に熱狂的な人気を集めました。


デビー・ギブソン/Debbie Gibson - Lost In Your Eyes - 1989年

デビー・ギブソン/Debbie Gibson - Lost In Your Eyes - 1989年

10代の天才歌手が作り上げた全米No1ソング。デビー・ギブソンはアメリカ出身のシンガー・ソングライター。1987年に全曲を作詞・作曲し弱冠17才でリリースしたデビュー・アルバム「Out of the Blue」が全世界で500万枚以上を売り上げるなど、早熟の天才として注目されました。


クイーン/Queen - Don't Stop Me Now - 1978年

クイーン/Queen - Don't Stop Me Now - 1978年

フレディのパワフルな声と鍵盤さばきを堪能できる1曲。クイーンは1971年にデビューしたイギリスのロック・バンド。メンバー4人全員が作曲するため、クラシックからディスコ・ファンク、ロカビリーなどバラエティー豊かな楽曲と、華麗で重厚なハーモニーで世界中で人気を集めました。


ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック/New Kids On The Block - Step By Step - 1990年

ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロック/New Kids On The Block - Step By Step - 1990年

5月5日は「こどもの日」ということで、この方々を。ニュー・キッズ・オン・ザ・ブロックは1984年、プロデューサーのモーリス・スターにより、ドニー・ウォルバーグを中心に結成された白人5人組のボーイズ・グループ。キレの良いダンス・パフォーマンスと当時の流行のツボを押さえた楽曲で、いわゆるティーンアイドル的な人気を集めました。


レニー・クラヴィッツ/Lenny Kravitz - It Ain't Over Til It's Over - 1991年

レニー・クラヴィッツ/Lenny Kravitz - It Ain't Over Til It's Over - 1991年

モータウンやフィリー・ソウルを思わせるメロウなバラード。レニー・クラヴィッツは1989年にデビューしたアメリカのミュージシャン。あらゆる楽器を演奏できるマルチプレイヤーです。70年代直系の”クラシック・ロック”サウンドで当時のシーンに新風をもたらし、人気を集めました。98年にグラミーを受賞するなど現在も第一線で活躍しています。


カーリー・サイモン/Carly Simon - You're So Vain(うつろな愛) - 1972年

カーリー・サイモン/Carly Simon - You're So Vain(うつろな愛) - 1972年

全米1位に輝いたシンプルで上品なポップ・ソング。 カーリー・サイモンは1971年にソロ・デビューしたニューヨーク出身のシンガー・ソングライター。明るく快活な歌声と、フォーキーで上品な作風でデビュー早々から高く評価され、後にグラミー賞、アカデミー賞も受賞したアメリカを代表するミュージシャンです。ジェームズ・テイラーの元妻としても知られます。